ここまでやればすごいのかもしれない? 栗城さん

昨年のこの時期にも記事「セルフハンディキャプションと栗城史多」にしました。今年もそろそろかな?と思ってネットを見てみたら、やっぱり登っていました。栗城史多という登山家(?)は今年もエベレストに挑戦しています。しかも、単独無酸素で。しかし、単独無酸素というのは全くのウソということはこれまでの記事や様々なサイトでも指摘されています。

昨年で何と7回エベレスト登頂に失敗し続けています。今年は8回目の挑戦ですが、恐らくまた失敗です。いつも紹介しているこのサイトが詳しく解説されています。

5月12日の記事の中の栗城さんは、恐ろしいほどの軽装備での登山です。素人でもびっくりするほどです。ピクニックのようなザックです。笑えます。

撮影や中継をする隊員が4人いるのですが、3人は素人という驚きのメンバーです。

2016年のお金集めのクラウドに出資した見返りに、エベレストでの画像を提供するコースというのがありますが、その時に送った画像は合成されたと思われる画像なのです。その疑惑の画像が下です。(下手くそな合成に見えますが…)

(画像は先ほどのサイトのこのページより)

詳しくは先ほどのサイトのリンクのページを読んでください。

ここまでやれば彼はすごい人なのかもしれない。こんなに人を騙したり、ウソをついてもまだ彼を応援する企業や人がいるのです。

彼がエベレストに登頂するという夢を追っているのは否定しませんが、私がオリンピックの陸上100mで金メダルを取る!という夢を語っても、誰も感動はしませんし、誰もお金を出してもくれないでしょう。

しかし、彼を応援する人はかなり少なくなってきたとしてもまだ存在するのです。ということは、もしかしたらものすごい魅力を持っているのかもしれません。私が知らないだけなのかもしれません。一緒にしゃべってみたら、私もお金を出して応援していたりして…。

まあ、そんなことはないでしょうけれど、今年も様々な怪しい動きをしながらタイムリミットが迫っています。私は素人なのでよくわかりませんが、5月末になるとモンスーンの影響で、登頂ができなくなるようです。

彼のような人間は嫌いですが、人間として無視されたり無関心でいられるよりも、嫌われた方が良いと思う人もいるでしょう。嫌いなのに興味を持ってしまうなんて、本当は好きなのでしょうか?…いや、そんなはずはない!…

もう少しで、今年も登頂失敗宣言が出されるはずです。興味のある方はチェックしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする