がん患者にあんみつを勧める栄養士

駐在君さんよりコメントを頂きました。ありがとうございました。

はじめまして、ketoで筋トレ・トレーニー実践してる者です。非常に参考になるブログ内容で勉強させていただいてます。

日本の管理栄養士は厚労省と農水省が作った炭水化物重視で最新科学データ無視の「食事バランスガイド」に基づく国家試験を取った人たちなんですね。日本人特有の主食(ごはん)と言う概念も彼らの努力の賜物でしょうか? 

自分は海外在ですが欧米人に主食(staple)は何?と聞くとポテトだったり、肉と卵だったりと人それぞれです。

先日、舌癌の手術をしたスイーツ好きな堀ちえみさんが、「甘いものは癌に良くない」という話を聞いたので入院中に管理栄養士さんにあんみつ食べていいか聞いたら、どんどん食べろと言われたらしいです。せめて病気を克服しようとしてる人にはもう少し適切なアドバイスをしてほしいですね。

実際の堀ちえみさんのブログはこちらです。その内容の抜粋です。

そしてリハビリと夕飯を終えたら、スイーツを食べよう!
今日は大好きな、
みはしのあんみつ。

甘いものは癌に良くないという話を聞くので、入院中に先生と栄養士さんに聞きましたが、ハッキリとしたデータはないとの事でした。

栄養士さんからは、
「痩せて抵抗力が落ちるよりは体重をキープする為に食べられる物をどんどん食べて下さいね」
と言われました。

以前の記事「糖質過剰摂取は頭頚部のがんを増加させる」で書いたように、糖質過剰摂取と頭頚部がんの関連を認めています。頭頚部がんとは、鼻、口、舌、のど、上あご、下あご、耳などにできるがんです。堀さんの舌がんも頭頚部がんです。

もちろん、この上の以前の記事の研究データは食事のアンケート(治療前、診断後1年後)によって行われているので、厳密にはエビデンスとしては弱いです。精製された穀物、デザート、甘味飲料などの単純炭水化物の消費量が最も少ない群では1日あたり1.3食分、単純炭水化物を最も多く摂取する人は4.4食分を摂取していました。

堀さんの舌がんを含む口腔がんでは、総炭水化物、全ての砂糖、グリセミックロード、単純炭水化物のどれも、最も少ない群と比較して、最も多い群の全原因死亡率は3倍以上になっています。ただしこの研究で総炭水化物が最も少ない群であっても199 g /日で、糖質制限とは程遠いですが。

どうやら、堀さんの担当医師や栄養士は知らなかったようです。もちろん、この一つのデータだけで完全に「ハッキリしたデータ」というのは無理ですが、少なくともこのようなデータがあり、「糖質はがんのエサ」ということを考えれば、食べられるものが糖質の塊であっても「食べられるものをどんどん食べる」などというアドバイスにはならないでしょう。

余命何か月で、もう助からない場合であれば、食べたいものを食べるというのも良いですが、そのような状況でもないのに、医師や栄養士のアドバイスとしては最悪でしょう。

痩せて抵抗力が落ちるよりもがんのエサであっても体重をキープする方が良い、というエビデンスこそ存在しません。血糖値が上昇すれば免疫力が低下すると言われています。

自分の判断が重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ミュウ より:

    はじめまして。近親者に糖尿病が多く自身の血糖値も高くなってきたので糖質制限を始めてもうすぐ7年になります。
    私はがんで8月に手術をしました。江部医師推奨のスーパー糖質制限ですが糖新生もあるし糖質制限しているからがんにはならない、などと思っていたわけではありません。糖新生もあるし、私の罹患したがんについては私は危険因子が複数あり、がんが発生したのはまだ糖質制限以前だったのだろうと思っています。
    さて、基本的な質問ですが、「糖質はがん のエサ」についてその仕組みはどのようなものなのでしょうか?血液中の糖ががん細胞に届けられるのですか?
    エリスリトールは代謝されないので血糖値が上がらないと言われますが、エリスリトールを使用したスイーツは食べてもがん のエサになる心配をせずに楽しんで良いのでしょうか?
    エリスリトールでも血糖値が上がる人がいるということを聞いたことがありますが、やはり自己測定するべきでしょうか?始めの頃こそSMBGしていましたが、チップが高いしもう何年もやっていません。早く非接触型の測定器が発売されることを願っています。

    • Dr.Shimizu より:

      ミュウさん、コメントありがとうございます。

      がん細胞は通常、ブドウ糖から解糖系という方法でエネルギーであるATPを得ています。
      解糖系で得られるエネルギーは非常に少ないため、どんどんブドウ糖を消費します。
      がん細胞は正常細胞の3~8倍ものブドウ糖を取り込まなければ、生命活動を維持できないそうです。
      エリスリトールはがんのエサにはならないと思います。
      エリスリトールで血糖値が上がるというのはどこにその記述があるのでしょうか?一般的には血糖値は上がらないと考えられています。
      自己測定は糖質を摂った後など心配な時にすれば良いのではないでしょうか?糖尿病ではない糖質制限では必須ではないと思います。

      • カーコ より:

        横から失礼します。

        カルピンチョ先生のブログに『エリスリトールを食べると血糖値が上がるんですけど…』という記事があります。

        http://低糖質.com/review/cat5/post_199.html

        ご参考までに。

        • Dr.Shimizu より:

          カーコさん、情報ありがとうございます。

          非常に勉強になります。オレキシン分泌の可能性は非常に面白い話ですね。
          ちょっと調べてみます。
          エリスリトールでも血糖値が上がる方がいるということは確かなことです。訂正します。