世界の人口の3分の1は太り過ぎか、肥満になっている

本当に肥満は世界中で深刻な問題です。人口の3分の1が標準体重を超えてしまっています。

ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン(New England Journal of Medicine)に掲載された新しい研究(原文はここ)によると、世界中の20億人以上の人々が体重の問題の影響を受けています同時に、これまで以上に多くの人々が体重に関連した健康状態で死んでいます。

肥満はもう、ただの流行ではなく、パンデミックです。

ワシントン大学のIHME(Institute for Health Metrics and Evaluation)の研究者によって集められた驚くべき新しい研究で明らかになったように、すべての人間の30%以上が体重超過または肥満のいずれかになっています。

さらに驚くべきことは、関連する健康への影響の程度です。この研究によると、2015年の体重増加に起因する約400万人の死亡のうち40%は、BMIが肥満の閾値を下回った(太り過ぎのカテゴリ内であるBMI25~30)人に起こったことが示されています。

体重増加を無視する人は、自分で心血管疾患、糖尿病、がん、その他の生命を脅かす病気の危険性を上げているのです

世界的に現在、肥満の子供が1億770万人、成人が6億370万人います。1980年以来、70カ国以上で肥満の罹患率は倍増しました。成人の肥満の増加数は子供よりも多いですが、増加率は子供の方が高いのです。特に、中国、ブラジル、インドネシアなどの国では、若者や若者に肥満が3倍になっています。太りすぎの子供は、2型糖尿病、高血圧、慢性腎臓病などの病気が早期に発症するリスクが高いため、特に気になる憂慮されています。

アメリカの子供の肥満率は最も高く、13%近く見られました。エジプトでは肥満の成人が約35%に上ったのです。

この研究は、世界のほとんどの地域で肥満の流行が悪化していることを示唆しており、身体的健康と経済的健康の両方については依然として不吉なままである、と指摘しています。

ジョージワシントン大学のMilken Institute Public Health Schoolの教授であるWilliam Dietz(この研究には関与していない)によると、世界的な肥満の広がりは、世界的な食生活の西洋化と関係があるとしています。「先住民族の食生活は、いまや高度に加工された食物で構成され、余分な塩分と砂糖を含む食事に置き換えられている、ジュースやソフトドリンクは、この肥満の問題の重要な要因です。」と語っています。

これらの傾向を変えるために、Ochner氏は、「特に子供の予防に焦点を当て、肥満が本当に行動的アプローチだけで効果的に治療できない病気であることの認識することが必要である。」と述べています。

しかし、全体的な死亡率は上昇していますが、肥満の人々は以前よりも健康的に長く生きています。研究者は、これは、より良い医療とリスク管理戦略の結果であると言います。それはまた、太りすぎや肥満の人々が関連する病気を患って、長く生きていることを意味します。

BMIがどれくらいが良いのか悪いのかが問題です。多くのやせた人が健康的ではなく、多くの太った人が健康です。

GIZMODE 2017.6.12の記事より(記事の原文はここ

しかし、最終的には健康的な肥満はないかもしれないことは以前記事にしました。本当に深刻な問題です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする