ウルトラマラソンと血液検査2017

今回も100kmのウルトラマラソン前後の血液検査を行いました。

今年はレース前は直前の金曜日の値です。レース後は直後に測定したいのですが、仕方なくレース翌日の昼食前の値です。2年前からのデータを並べてみます。

レース前レース後レース前レース後レース前レース後
検査項目2015.5.152015.6.292016.6.172016.6.272017.6.232017.6.26
白血球数36809060↑36306960↑33107330↑
赤血球数448422↓449375↓448412↓
ヘモグロビン1413.1↓13.711.7↓13.912.8↓
血小板数17.317.419.51518.817.6
総蛋白77.16.4↓7.36.9
アルブミン4.54.1↓4.74.1
総ビリルビン1.91.41.31.41.1
直接ビリルビン0.40.30.30.20.3
AST(GOT)1635↑1456↑1269↑
ALT(GPT)20241336↑1226↑
LDH206142226↑138212↑
CPK878791124↑↑612004↑↑
BUN16.926.3↑17.327.1↑20.725.2↑
クレアチニン0.790.760.850.760.830.7
ナトリウム142141141140139
カリウム3.63.93.73.93.3↓
クロール102103106102102
カルシウム9.28.88.5↓9.38.5↓
10799↓10976↓
フェリチン108.5137.5↑
CRP4.970.05以下5.02↑↑0.05以下5.18↑↑
中性脂肪4630↓3123↓
血糖848985879389

データの傾向は昨年とほとんど同様です。

今回もレース後はヘモグロビンもかなり低下したので、かなりの溶血だったような気がします。

総蛋白がかなり減りました昨年はアルブミンをレース前にとっていなかったので、今回は忘れず測定しました。総蛋白もアルブミンもかなりの減少です。

今年のAST(GOT)上昇幅は昨年よりもさらに大きいですね。

CPKは2年前が878、昨年は1124、今年は何と2004です!これは筋肉が壊れた証拠ですが。何の違いなんでしょう。タイムが昨年より遅くなり、その分動いている時間が長くなったからなんでしょうか?

尿素窒素は2年前26.3、昨年が27.1、今年が25.2です。今年が一番上がらなかったですね。脱水があまりなかったからかもしれません。これは激しい運動でも上昇します。

今回はカリウムがかなり低下しました。なぜでしょうか?溶血が多ければカリウムは上昇してもいいはずです。やはり汗で喪失してしまったのでしょうか?

今回もカルシウムが低下しました。アルブミン低下による見かけ上の低下かもしれません。カルシウムの半分程度はアルブミンと結合していますので。

CRPは2年前が4.97、昨年は5.02、今年が5.18です。これは炎症所見です。100kmも走れば体中炎症でしょう。

今年は流行りの(?)フェリチンも測定しました。レース前が108.5、レース後で137.5です。炎症による上昇でしょうか?

体のダメージはやはり今年が一番大きかったかもしれません。

血糖値の変動などは今後記事にしたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする