アメリカでは脂肪肝による肝臓移植が急増、イギリスでは糖尿病で下肢切断が過去最高!

世界中で大変なことになっています。糖質過剰摂取が原因の多くを占めていることは明らかなのに、なぜみんな目をつぶっているのでしょうか?脂肪肝も糖尿病も糖尿病の合併症の下肢切断も、血糖値を低下させる糖質制限でほとんど予防可能です。

脂肪肝にとって最も危険なものは果糖です。果糖は猛毒です。そんな猛毒を子供に自由に摂取させて良いのでしょうか?法的な規制をすべきです。糖質の入った飲み物の自販機での販売中止や、もちろん学校での販売禁止、コンビニなどでの糖質入りのお菓子、飲み物の未成年者への販売を禁止、など厳しすぎる程度の規制が必要だと思います。小さな子に大きな糖質入りのペットボトルを与えることは虐待と考えていいでしょう。そこまでしないと改善しない状況まで来ています。

やはり糖質中毒は死ぬまでやめられない!怖いですね。糖質はコカイン以上の中毒性があるというのも納得です。早くみなさん抜け出ましょう!

「Fatty liver disease fastest-growing reason for transplants in young U.S. adults」

「若い米国の成人における移植のための脂肪肝の急速な成長の理由」(原文はここ

10月29日 ワシントンポストより

非アルコール性脂肪肝疾患とそのより進行した状態、非アルコール性脂肪性肝炎は、最近の研究によると、若いアメリカ人の肝臓移植のための最も急成長している理由となっている。

典型的には、高齢者は脂肪肝疾患の進行が遅く、アルコールに関連しないが、最終的には肝硬変につながる可能性がある。しかし、小児期の肥満、高血圧、糖尿病の増加の結果、より若い成人が末期の肝疾患に罹り始めているという。

サンアントニオのテキサス・リバー・インスティテュート(Texas Liver Institute)で代謝プログラムを指揮する上級研究の著者Naim Alkhouriによると、「私はこの問題を抱えた7歳と8歳の子供を見ており、最年少患者の1人は13歳で肝硬変を発症しました。」

「テキサス州では特に、非アルコール性脂肪性肝炎が成人の移植の第1番目の指標です。」「脂肪肝は今では大人3人に1人、子供10人に1人に影響しています」

Alkhouriらは、2002年から2012年の間に、若年成人の肝臓移植に関する臓器共有のためのUnited Networkからの全国的データを分析し、移植が必要な理由を調べた。

その年の間に、18〜40歳の人々に5,157の移植があり、うち23%が肥満であった。移植術の主な理由は、胆管感染、免疫系関連肝炎、遺伝性胆管疾患、薬物関連肝障害などの自己免疫/胆汁うっ滞肝疾患であった。

移植の約18%は急性肝不全のためのものであった。他の重要な原因は、C型肝炎およびB型肝炎ならびに肝臓癌であった。NASHとも呼ばれる非アルコール性脂肪性肝炎は、研究期間全体にわたって移植のわずか3.3%を占めたが、移植にとって最も急速に成長した理由であった。

NASHで行われた肝臓移植の数は、2002年の0.53%から2012年には4.46%に9倍に増加したと、研究チームはJournal of Clinical Gastroenterologyに報告している。

生存率は、NASHと非NASHの肝臓レシピエントの間で変わらなかったが、移植片の生存率はより低く、再移植率はNASHレシピエントでより高かった、と研究者らは指摘する。

「80年代と90年代の幼児期の肥満の爆発の後、年老いた身体を持つ若者を抱えています」。「彼らは30歳だが、臓器は病気に陥っています。」とAlkhouri氏は述べている。

小児科医やプライマリケア医が若年者の病気の兆候を調べていないため、脂肪肝疾患とNASHは、若年成人ではしばしば認識されず、未治療になる可能性がある。

Alkhouri氏によると、新しい研究では、脂肪肝疾患の早期治療法が研究されており、移植後に脂肪肝疾患が再発するのを防ぐ方法が検討されている。米国食品医薬品局(FDA)はNASHの医薬品を承認していないが、現在進行中の臨床試験は数年後にこのような薬につながる可能性があると付け加えた。
「もう一つの疑問は、脂肪肝疾患が肝臓癌に発展することである」と、カリフォルニア大学サンフランシスコ校のロバートウォン氏は述べた。

「医学部では、肝硬変ががんの前提条件であると教えられていますが、肝硬変のない脂肪性肝臓が癌に発展するという報告が増えています。がんをスクリーニングするための私たちの唯一の指標が肝硬変を探すことであるなら、それは恐ろしいことです。私たちは脂肪肝を探したり、見つけるつもりはないのです。」

肝臓の専門家は、なぜ脂肪肝疾患とNASHが急速に発展するのかまだ分かっていないとウォンは付け加えた。要因には、代謝、人口統計、生活習慣の違いなどがあり、研究者は患者をよりよく診断できるように、これを特定しようとしている。

「最良の治療法はまだ予防です。」「早期に同定し、血圧、糖尿病、体重減少、健康的なライフスタイルに重点を置くことができれば、脂肪肝患者の治療に役立ちます。」とウォン氏は語った。

「Type 2 diabetes complications – levels of amputations at ‘record high’」「2型糖尿病の合併症 – 「記録的高値」での切断率」(原文の記事はここ

GETTY

糖尿病は管理が複雑な状態になる可能性があり、正常に管理されなければ足の潰瘍や切断につながる可能性がある。

 
それは、大小合わせての合計が毎日23に上がっている。2010年と2013年の間では毎日20だった。糖尿病患者は、血糖上昇が感覚と循環にダメージ引き起こす原因となるため、足の問題を発症するリスクがはるかに高い。パブリック・ヘルス・イングランドと国立循環器情報ネットワークが発表し、糖尿病UKで分析されたデータは、2013年から2016年の間に報告された25,527件の大小合わせた切断が記録的に高いことを明らかにした。

これは、過去3年間の記録と比較した場合、3,000件以上の切断が増加したことを表している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする