日本のメディアも本当のことを言わないと…糖質とがんの関係

アメリカのメディアにもそれぞれ問題があるとは思いますが、それでもここにあげるような記事がしっかりと載っています。日本のメディアはスポンサーの方しか見ていないようで、まるっきりこのような情報が新聞やテレビで一般の人に届けられることはありません。

日本のメディアもそろそろ本当のことを話してほしいものです。

「It’s getting clearer — the diet-cancer connection points to sugar and carbs」

「それはより明確になっている – 食事とがんのつながりは砂糖と炭水化物を指している」(原文の記事はここ

2017.10.27 Los Angeles Times より

2016年8月にニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンは、癌と体脂肪に関する著しい報告を発表した。現在では、13の癌が過体重または肥満に関連しており、その中で最も一般的で致死的なものとして、甲状腺、卵巣、子宮、膵臓および(閉経後の女性において)乳癌が挙げられる。

今月初めに、疾病対策予防センターの報告書に詳細が追加された。2014年に約631,000人のアメリカ人が体脂肪関連癌と診断され、その年に診断されたすべての癌の40%を占めた。

ますます、私たちは癌との戦いを負けているだけでなく、食べ物や飲み物との戦いにも負けていることが増えているようである。

この研究は、がんと診断されたときに体重超過があるかどうかを反映しているが、過剰体重が癌の原因であることを示していない。何をどのくらい食べられるかが、がんと密接に関連しているという警告のサインとして最もよく理解されている。しかしそれは何?

インスリンが異常に高いレベルに上昇し、上昇したままであると、それは腫瘍の成長を直接的および間接的に促進しうる。

がんが大半が食生活につながっているという可能性は、新しい考えではないが、栄養研究は問題を解決するのに適していない。

癌は、何年も何十年にもわたって発生し、人々がさまざまな食事に無作為に割り当てられた実験で、実行することはほとんど不可能である。次善の選択肢 – 特定のグループの人々が食べるものと、後で癌と診断されるグループのメンバーを追跡する観察研究は、混乱を招く傾向がある。ある日、私たちは、ある研究が肉を食べて癌につなげていることを読んだが、1ヶ月後、新しい見出しには正反対の内容が載っている。

しかし、研究者たちは食事とがんのつながりを理解する上で進歩を遂げた。この進歩は、癌細胞がどのようにして我々が食べる栄養素を新しい癌細胞のための燃料およびビルディングブロックに変えるかを調べる、難解な癌代謝の分野で現れた。

20世紀の最後の数十年間にほとんど無視された癌代謝の分野は、癌細胞が拘束されることなく増殖することを長い間心配していた最も有名な癌発生遺伝子のいくつかが、癌細胞が拘束されることなく「食べる」ことを可能にするという、おそらくさらに重要な役割を担っている、ということを認めることにより復活した。この研究は、大ヒットのがん治療薬をもたらすかもしれないが、その一方で、それは最初の段階で病気を予防するための重要な知識を私たちに提供することができる。

Weill Cornell Medicineの癌センターのLewis Cantleyは、癌代謝の復活の最前線に立っている。肥満と癌との関係についてのCantleyの最良の説明は、両方の状態がインスリンレベルの上昇に関連しているということである。彼の研究は、ヒトの大部分の癌に関与している一連の遺伝子を活性化することによって、インスリンが細胞を成長させてグルコース(血糖)を取り込む方法を明らかにした。

問題は私たちの血中にインスリンが存在することではない。我々はすべて生きるためにインスリンが必要である。しかし、インスリンが異常に高いレベルに上昇し、上昇した状態(インスリン抵抗性(一般に肥満に共通する状態)として知られる状態)のままでは、腫瘍の増殖を直接的および間接的に促進することができる。あまりにも多くのインスリンと私たちの組織の多くは、正常な代謝状態で見られるよりもより多くの成長シグナルとより多くの燃料で衝撃を受ける。そして、上昇したインスリンは私たちの体に脂肪を貯蔵するように指示するので、脂肪組織自体が癌に寄与すると考えられる様々な方法に関連付けることもできる。

過剰なインスリンシグナリングのリスクを認識したCantleyや他の代謝研究者たちは次のように論理的に結論づけている。危険は、単にあまりにも多く食べ過ぎること、とは通常は考えられない。むしろ容易に消化可能な炭水化物、特に砂糖という、インスリンレベルの上昇をもたらす可能性が最も高い特定の食物を多く食べすぎることが危険なのである

これは、すべての癌が、あまりにも多くのインスリンによって引き起こされていること、または決して再び砂糖を食べるべきではないことを示すものではない。カナダのマギル大学の代謝研究者であり癌予防担当のMichael Pollakは、砂糖の最善のアプローチは、ほとんど全ての食事やあまりにも多くの飲み物の成分としてというのとは対照的に、食事の上に散らばっているスパイスのように考えることだと言う

栄養は本質的に乱雑な科学である。しかし、最近のがん代謝研究の進歩は、私たちの食事に関するますます明確なメッセージを私たちに送り出している。がんの戦争で勝利するかどうかは、私たちがそのメッセージを聞く準備ができているかどうかによって決まる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする