脂肪肝はがんのリスクを高める

以前の記事「脂肪肝はただの肥満の症状ではない」で書いたように、非アルコール性脂肪肝は意外と軽く考えている人がいます。しかし、この脂肪肝は非常にがんと関連性があることがわかってきています。

男性の大腸直腸がん、女性の乳がんのリスクは約2倍に、男女合わせて肝臓がんのリスクは16倍以上というデータが示されました。(図は原文より)

この非アルコール性脂肪肝をもっとも起こすのは果糖です。現在の加工食品には果糖が含まれていないものを探す方が難しいくらいです。成分表示を見ると様々なものに「果糖ブドウ糖液糖」という表示があります。摂取するつもりがなくても知らないうちに摂取しているのです。このような猛毒である果糖を子供にもたくさん与えてしまっています。果糖の摂取は極力控えましょう。それには自分で調理するのが一番です。お惣菜や加工食品をできる限り減らす努力をして下さい。

「Association between non-alcoholic fatty liver disease and cancer incidence rate」

「非アルコール性脂肪肝疾患とがん発生率との関連」(原文はここ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする