あなたが体の不調を感じたり、病気になったりしたとき、すべきこと

人間をはじめ、生物は子孫を残し、生きながらえるように進化してきました。体の内部で起こる不具合は勝手に処理を行い、問題を解決しています。常に体の中では様々な現象、代謝が起こり我々は生きています。

そんな時、体の不調を感じたり、検査データが異常を示したり、病気になったとき、その原因のほとんどは体の内部で発生したものではなく、体の外部からやってきたものです。

細菌やウイルス、寄生虫などの微生物などによって起こる不調や病気は、カゼや発熱、腹痛など様々な症状を示しますが、通常は急性の症状であり、一時的なものです。寄生虫の場合は取り除かないとならない場合がありますが。薬の助けが必要になる場合もありますが、免疫機能がちゃんとしていれば、普通は時間が解決してくれて、あなたの体を守ってくれます。

ただ、ウイルスの中にはヒトパピローマウイルスや、肝炎ウイルスなどがんや慢性の疾患の原因になるものもありますし、細菌でもピロリ菌などは胃がんや胃炎などを起こすので、全てが一時的なものではありませんが、ほとんどのものは免疫によって処理されます。

微生物など以外では、PM2.5や有毒なガスなど、空気によって運ばれて、呼吸によって外部から体内に入ってくるものもあります。そして、喘息やなどの症状を起こします。

しかし、最もあなたの中に外部から入ってくるものは、食事です。食事は栄養素とも言えますが、微生物などと同じように体にとっては異物です。その食事の中から体にとって必要なものを処理し、蓄え、様々な代謝に使い、成長の材料にしたり、生きるエネルギーを得たりします。食事によって外部から入ってくるものが最も人間にとって大きなウェートを占めます。

食べ物なら全て体の中で必要な物質である、という訳にはいきません。これまでの進化の間に決められた必要なものと不必要なものがあります。代謝には重要ですが、体の中で合成できないものは食事から摂る必要があります。また、体の中で必要に応じて作り上げられるものは、多く摂りすぎると体の中で余ってしまう場合もあります。

あなたが体の不調を感じたときや病気になったとき、検査で異常が認められた時、その原因の一つは必要なものが十分に食事から摂取できていない可能性があります。また、本当なら十分であるはずの量を摂取しても、体の中で他の物質や代謝に使われてしまい、浪費したり、他の物質により妨害を受けたりして上手く吸収できなかったりする場合もあります。

また原因のもう一つは、必要のないもの、有害なものを食べたり、必要ではあるけれども過剰な摂取、他の必要なものとのアンバランスなどがあります。

慢性的な経過を示す症状やずっと続く不調、急性ではない病気のほとんどは、この食事によって起こっていると考えられます。

何か症状や病気があれば、病院へ行けば良くなると思っている人が多いかもしれませんが、ほとんどの場合根本的な解決をしてくれません。病院に行って、問診で食事について詳しく聞かれたことはありますか?食中毒が考えられる以外ではあまり聞かれないことが多いでしょう。また、症状を説明した時、食事が原因かもしれないと言われたことはありますか?多くの医師は症状を聞いたり、検査データから、薬を処方します。しかし、その薬は何にも役に立ちません。役に立たないというのは言い過ぎかもしれませんが、根本的な治療には役に立ちません。薬のほとんどは対症療法、つまり症状を抑えるだけの「ごまかし」の治療だからです。「ごまかし」というのは語弊があるかもしれません。しかし、症状が改善することにより、その背後では根本的な原因が悪化していくことも少なくありません。そうすると次に行われることは、薬の増量です。一時的に軽快した症状も根本が良くならなければ、薬では抑えきれなくなります。そうするともっと強い効果の薬に切り替えたり、元の薬を増量したりして対処します。

あなたを苦しめるものは外部からやってくるということを考えれば、その外部からやってくるものをコントロールしなければなりません。あなたが不調を感じたり、病気になったときは、あなたが食べている食事が悪いのです。食事を見直さずに、薬を飲んでも解決しません。逆にあなたにとって正しい食事が摂れていれば、あなたは調子が良く、病院のお世話にはなりません。

あなたにとって必要な栄養、足りないもの、または過剰なもの、不必要なものをもう一度見直さなければなりません。微生物などの感染のように、急にやってきて、急に症状が出るわけではありません。毎日の食事でじわじわとあなたを蝕んでいくのです。

インフルエンザに感染することには非常に過敏になっているのに、太っていることには鈍感です。1年間にインフルエンザで死ぬ人の数よりも、肥満に関連したことで死んでしまう人の方が圧倒的に多いはずです。方向が間違っていませんか?

だからあなたのすべきことは簡単です。人間の進化を想像し、それに合った食事をしましょう。農耕が始まる前の長い進化の期間に存在した食材を想像して、できる限り自然のものを食べましょう。せめて、100年前に存在しなかったものはできる限り口に入れないようにしましょう。

ポテトチップスも甘い飲み物も必要ありません。スイーツも大盛りのご飯も必要ありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする