糖尿病とマグネシウム

みなさんは自分のマグネシウム値を知っていますか?マグネシウムは通常の血液検査では測定されません。

ほとんどのマグネシウムは細胞内や骨の中にあるので、体内のマグネシウムの正確な評価は困難です。全身のマグネシウムの0.3%が血清中に出てきていると言われています。血中のマグネシウム値は、施設により多少の範囲の差はありますが、1.7~2.6mg/dL(0.7~1.07mmol/L)が基準値です。マグネシウムの研究者の多くは、血中のマグネシウム値は、特に糖尿病では2.07mg/dL(0.85mmol/L)以上あるべきであるとしています。

ヨーロッパの研究では、1.7mg/dL(0.7mmol/L)の人では90%が臨床的なマグネシウム欠乏症を認め、1.82mg/dL(0.75mmol/L)の人では50%が臨床的なマグネシウム欠乏症を認めると報告されています。1.94mg/dL(0.8mmol/L)を境界としてそれ以上であれば臨床的なマグネシウム欠乏症を認めるのは10%となり、2.19mg/dL(0.9mmol/L)を境界としてそれ以上であれば臨床的なマグネシウム欠乏症を認めるのはたった1%となります。ちなみに私のマグネシウム値は2.4mg/dLです。

全身のマグネシウムの量はわからなくても、血中のマグネシウム値を測定すると十分にマグネシウム欠乏症の評価ができると考えられます。

2型糖尿病の発症のリスクは1.94~2.04mg/dL(0.8~0.84mmol/L)の間では20%増加し、1.94mg/dL(0.8mmol/L)未満であると50%増加します。低マグネシウムと糖尿病の急速な腎機能の低下は関連しているようです。

糖尿病がマグネシウム低下の原因となるのか、マグネシウム摂取不足が糖尿病を招くのかはどちらが先かはわかりませんが、糖尿病の人には比較的多く低マグネシウム血症を認めます。逆にマグネシウムの摂取量と糖尿病の発症率は逆相関をしています。マグネシウムが豊富な食品の摂取を増加させると、2型糖尿病のリスクが軽減するという報告もあります。最もマグネシウムを少なく摂取していた群と比較して最も多く摂取していた群では、糖尿病のリスクが半分程度になっていました。さらに、マグネシウム摂取量の増加は、炎症所見であるCRPやIL-6などと逆相関し、血中のマグネシウム値はCRPやインスリン抵抗性の指標であるHOMA-IRと逆相関していました。

マグネシウムをたくさん摂るとインスリン抵抗性が改善する可能性があります。

糖質制限を行い、ナッツを適量摂取し、野菜や海藻類をいっぱい摂れば、マグネシウムを十分に摂取できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする