フリースタイルリブレを使った人体実験 その21 玄米を食べてみた

どこかの本に書いてあった「茶色い炭水化物」は健康に良いのでしょうか?「茶色い炭水化物」の代表である玄米は食物繊維が残っているので、もしかしたら血糖値があまり上がらないと期待していませんか?ではやってみましょう。

使用したのは「マルちゃん玄米ごはん」160gです。炭水化物49.1gと表示されています。通常に調べてみると炭水化物の量は56.96gなので、かなり少なめの表示です。食物繊維は書いてありませんが、調べたものでは食物繊維2.24gなので、「マルちゃん玄米ごはん」では食物繊維は2g程度でしょうか。

(写真は公式ホームページより)

レンジでチンして、何もかけずに食べました。ほのかな甘みがあり、糖質制限をしていなかった頃だったらおいしく食べていたかもしれません。

食べてしばらくすると何か体が温かくなるような感覚がありました。

今回も血糖値測定器を使って1時間後まで測定しています。1時間がピークだと確認できたので、その後は測定していません。フリーズタイルリブレのグルコース値と血糖値はブルーベリー負荷試験のときと同様に、負荷前と30分後まではほぼ一緒でしたが、1時間後のピークでは数値がかなり開きました。リブレのグルコース値で218、血糖値で175でした。負荷前と比較して血糖値で70の増加です。糖質1gあたり約1.49の上昇です。

今回2時間30分後までの経過をみると、そのまま3時間後にはベースラインに戻りそうなのですが、なぜかその後再びやや増加して、ベースラインに戻ったのは4時間30分から5時間ぐらいの間だと考えられます。もしかしたら食物繊維が吸収をゆっくりにしたため、ベースラインへ戻るのが遅くなったのかもしれません。2時間30分よりも3時間の値の方が高いのは、一時的にインスリンが過量になって、機能性低血糖までは行かないのですが、2時間30分で本来の下がり方よりも大きく下がってしまったのかもしれません。

いずれにしても、玄米を食べたときのこの血糖値の変動で健康になれるとは到底思えません。でも、もしかしたら白米はもっと変動が大きいかもしれませんね。

どうしよう…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. じょん より:

    清水先生、こんにちは。

    いつも勉強させていただいています。ほとんど毎日、様々な話題を提供されていることに驚いています。

    私は糖尿病ではありませんが、プチから標準的な糖質制限をしています。また、下垂体腺腫の手術既往があるため、一年に一度75G糖負荷試験をしています。

    私の75GOGTTは次のようなデータです。
        血糖mg/dL インスリンμU/mL
    前    100       4.1
    30 min  104      14.4
    60 min  107      11.3
    90 min  103      17.7
    120 min   92      14.7
    例年、このような感じで、血糖は高くても120 mg/dL程度です。インスリンは、試験前が2-4 μU/mL、負荷後は最大で20μU/mL程度です。

    私のデータと先生のデータを比べると、先生は食後に血糖値が高くなっているように思います。これは、先生は厳密な糖質制限をされているので、急な糖負荷のため体が糖の代謝の対応が遅れているためでしょうか?一方、私は、標準的な糖質制限なので体の準備ができているのでしょうか?

    糖尿病でなければ、日常の生活では付き合いなどで糖質を取らざるを得ないこともあることを考えれば、標準的な糖質制限くらいがいいようにも思いますが、いかがでしょうか?

    • Dr.Shimizu より:

      じょんさん、コメントありがとうございます。
      この血糖値とインスリン分泌すごいですね!
      まるで糖質を含まないプロテインを飲んだようなデータです。
      恐らく特別です。下垂体が影響しているかもしれないですが、申し訳ありませんが私にはわかりません。
      どんな体型ですか?脂質はどんなですか。

      糖質1gで血糖値1の上昇は決して珍しいことではありません。糖質制限していると、
      インスリンの準備が整ってないかもしれないですが、
      恐らく普通の食事でも、これくらいの反応は
      する人がいっぱいいると思います。
      皆さん測定しないので、知らないだけです。

  2. じょん より:

    清水先生

    コメントありがとうございます。

    体型は、身長173 cm、体重73kgくらいです。どちらかといえば筋肉質だと思います。
    以前は、と言っても30年くらい前ですが、ウェイトトレーニングをしていましたが、最近は休日に10km程度軽いジョギングをしているくらいです。

    脂質は糖質制限をする前は、全て基準値内でしたが、最近はLDL-C 180 mg/dL前後、HDL-C 100 mg/dL前後、TG 60 mg/dL前後です。さすがにLDL-Cが高すぎるように思っていますが、先生や江部先生のブログを読んで、主治医にはスタチンは飲みたくないと言っています。仕方なくロトリガを処方してくれています。

    • Dr.Shimizu より:

      じょんさん、
      ものすごくインスリン感受性が高いのかもしれないですね。
      ただ2時間値で血糖値が下がっているのに、まだインスリンは同じ程度出ています。
      これは何を意味するのでしょうかね?
      5時間値まで見てみるとわかることがあるかもしれないですね?

      それにしても、ロトリガは必要なのでしょうか?ロトリガを飲まないとTGが上がってしまうのでしょうか?
      そうでないのであれば、私なら必要ないとは思います。それぞれの考えですが。

  3. じょん より:

    清水先生、ありがとうございます。

    私は、まだ不明なところはありますが、インスリンの感受性が高い可能性があるのですね。

    TGは、ロトリガを飲まなくても上がらないように思います。無駄な薬はやめた方がいいということですね。個人の健康以外に、国の医療費が問題になっていますし。

    いろいろコメント、ありがとうございました。これからもブログを楽しみにしています。