新型コロナウイルスの死者数のカウントと介護施設

安倍首相は2月25日に「今がまさに感染の流行を早期に収束するために極めて重要な時期」と言い、専門家会議は「これから1-2週間が急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際」と言っていました。3月28日にも「今がまさに急速な感染拡大を回避するため極めて重要な時期だ」と言っていました。

そして、4月22日にも「緊急事態を早期に終息に向かわせるためには、今が非常に重要な時期だ」と言っています。結局、いつが重要な時期なんでしょう?こんなに何度も同じワードを使っては、段々と「狼少年」に思えてなりません。「まただ…」という感覚です。もう少し優秀なライターを使うべきでしょう。

そして、ゴールデンウィーク中はビデオを使った「オンライン帰省」をするように呼び掛けていますが、これは帰省ではなく、今の時代ではただの電話です。そして、ゴールデンウィークが終わるころに、「今が重要な時期」が来て、さらに緊急事態宣言が延長されるのでしょう。(ここ参照)

新型コロナウイルスの感染拡大が世界中で起きていますが、感染爆発が起きている国では死者数の正確な数字を出すことは難しいようです。

先日も、トランプ大統領は「死者数の最多は中国」と批判していました。(ここ参照)一方中国は武漢の死者数を1.5倍に訂正しました。(ここ参照)しかし、訂正した数がほぼ丁度50%とキリが良すぎて、逆に怪しい数字に感じてしまいます。いずれにしても中国の数字は信用できません。

では、そのアメリカはどうでしょうか?老人ホームでの死者が少なくとも6,900人に上ることが分かったと報道されています。(ここ参照)恐らくは新型コロナウイルスの死者数にはカウントされていないのではないでしょうか?

別の記事によると、「介護施設での新型コロナウイルスによる死者数は、アメリカ全体の死者数の約20%を占めている」、としています。そして「介護施設で死亡する人の割合は過去6週間で急増している。AP通信のまとめによると、その死者数は先週、3600人を超えた。ただ、この数字は「氷山の一角」に過ぎず、実際の数はもっと多いと、専門家は指摘している。しかし、疾病予防管理センター(CDC)によると、連邦政府は介護施設での新型コロナウイルスによる死者数を特別に追跡はしていないという。」だそうです。つまり、介護施設の死者数は全てはカウントされていないということでしょう。

さらに、アメリカでもっとも死者数の多いニューヨークでは、「先月、(ニューヨーク市には)新型コロナとの関連が不明な死者が通常より3,017人も多くいた。」という記事もあります。(ここ参照)そして、「4月14日、検査で陽性となっていたかは不明だが“新型コロナで死亡した可能性がある人”も死者として加えるという調整を行なった。その結果、同市の3月11日~4月13日までの公式死者数6,589人に、新たに3,778人の死者が加わり、同市の公式死者数は、一気に、57%増の10,367人に膨れ上がった。」と書かれています。

(図はここより)

図のオレンジ色はPCR検査陽性での死者数ですが、青色は疑い例での死者数です。これほど多い疑い例での死者がいるのです。ここにもカウントされていない死者もいるでしょう。 ニューヨーク市の報告書 Confirmed and Probable COVID-19 Deaths Daily Reportによると、3月11日~4月20日までの間に、新型コロナか不明な死者が約10,000人もいるのです。

あまり中国のことばかり言えないでしょう。

イギリスでもアメリカと同じようなことが起きています。(ここここ参照)

イギリスの「老人ホームでも新型コロナウイルス感染が広がり、入所者約7,500人が感染により死亡した恐れがある」、としています。さらに、「自宅や介護施設などで死亡した人も含めた死者は、政府が発表した同時期の死者より約41%多かった」そうです。

イタリアも同様です。

亡くなった場所が自宅や高齢者介護施設で、ウィルス感染の検査を受けていないために、感染による死亡と見なされていない例がかなりの数に上っている」(ここ参照)

地元紙が実際の死者は2倍超の可能性があると報道」(ここ参照)

新型コロナウイルス感染拡大が続く北部ベルガモ県で、3月の死者数が例年の5倍超に達した市町村が複数あると発表した。…ベルガモ市では3月1日以降の約1カ月間での死者が729人に上った。感染と無関係の死者も含まれるが、2015~19年の同時期の平均死者数141人の約5.2倍に当たる。」(ここ参照)

フランスでは

流行開始以降に老人ホームで亡くなった人の数は900人近くに上ることを明らかにした。…病院で亡くなった人のみしか含まれておらず、自宅や老人ホームで亡くなった人の数は含まれていない」(ここ参照)

スペインでは

マドリードの高齢者施設では3月に3000人が死亡したと推定され、2000人が超過死亡とみられます」(ここ参照)

下の表はこの記事からのものですが、ヨーロッパでは50%前後の死者は高齢者施設の入所者のようです。

LSEの研究報告より筆者作成
LSEの研究報告より筆者作成

他の国でも同様です。(表はここより改変)

日付新型コロナに関連する死亡数新型コロナに関連する介護施設居住者の死亡数死亡割合
オーストラリア2020年4月16日63914%
ベルギー2020年4月16日4,8572,38749%
カナダ2020年4月14日90351157%
フランス2020年4月15日17,1678,47949%
アイルランド2020年4月13日44424555%
ノルウェー2020年4月16日1368764%
シンガポール2020年4月16日10220%

日本は世界一の高齢者大国です。病院や介護施設で集団感染が起きていますが、日本も死者数はかなりの過少申告なのでしょうか?3月にある内科医が「火葬場がいつもの2割増しくらいで忙しいと聞きました。何故でしょうね?」と投稿し、炎上したようですが、その時点では火葬場の火葬件数は平年並みだったようで、完全にデマだったようです。(ここ参照)

しかし、先日では「全国の警察が3月中旬から4月中旬までの約1カ月間に変死などとして扱った遺体のうち、埼玉、東京、神奈川、三重、兵庫5都県の計11人が、新型コロナウイルスに感染していた」との報道もされています。(ここ参照)

日本もすべてが把握されているとは思いませんが、今の死者数の何倍もの人が新型コロナで亡くなっているとは思えません。そこまでの数ではありませんから、ある程度適切にカウントされていると思います。(そう願いたいです…)(ここ参照)

介護施設は感染拡大防止が非常に難しい場所だと思います。その点で日本の介護施設の方の感染対策は、この物資が足りない中、非常に素晴らしいのでしょう。

私は高齢になってもできる限り夫婦二人で自分たちの力で生きていけるように、食事に気を付けて、筋肉を維持しようと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 吉岡 斎 より:

    安倍さんは、いつも「感染防止のため今が重要な時期だ」と言っている。まるで狼少年だ。とドクターは言われています。

    これは揚げ足取りのように聞こえます。

    今回は誰もが未経験な事が起きています。然るに、感染症に感染しないためには、ある意味「いつも重要な時期」なのではありませんか?

    仮にコロナウイルスに関してデータが揃っていて、感染者確認後この期間が1番重要だ、等という結論が見出せるならともかく、それができないのではないでしょうか?増して、専門家会議と話し合っての事で、安倍さん1人で勝手にやっているわけではありません。そうであれば、今は試行錯誤せざるを得ず「重要な時期だ」と常に言わざるを得ない、そういう理解が我々国民にも必要でしょう。

    ドクターが、安倍政権を評価しているかどうかはご自由です。私も、今回の安倍政権のやり方に問題を感じています。もっと思い切った策を取るべきだろうと思っています。今は「平時」ではなく「有事」だと考えますが、場合によっては批判も多くなるかも知れないが、有事に対する大胆な政策が求められます。

  2. まーさん より:

    習近平氏が3月10日に武漢市でコロナの終息宣言した途端に中国国内の感染者数と死亡者数が無くなるなんていかにも中国らしいなと思います。忖度にも程があります。世界中の誰もが中国の発表を信じていないでしょう。例えばGDPも中央の目標値がそのまま確定値になったりしていましたから。
    日本国内も緩めたら感染拡大スピードが上がってしまうのだから、収束するまでずっと”極めて重要な時期”なのでしょうね(笑)
    ちょっと乱暴かもしれませんが、統計的な平年の死亡者数との対比によってコロナの死亡者数が炙り出せるのではないでしょうか。

    • Dr.Shimizu より:

      まーさん、コメントありがとうございます。

      平年との対比はいわゆる超過死亡ですね。それが発表されるのはかなり先の話なので、暫定値でも良いので早く発表してほしいですね。