人間型ロボットの誕生が近づいているかもしれない

コロンビア大学の研究者が、3Dプリントされ、筋肉を模倣した人工的な活性組織を作り出しました。この新しい材料は、自然の筋肉の15倍のひずみ密度(グラム当たりの膨張)があり、その材料の重さの1000倍の重さをも持ち上げることができます。

この人工筋肉は、80℃に電気的に加熱されたときに900%まで膨張することができるそうです。

この人工筋肉を人間の筋肉と同じように、様々な筋肉を組み合わせて人工知能で操れば、まさに人間型ロボットができる可能性が高まります。

動画を見ている限りはまだ、筋肉の動きのスピードが遅いように思われます。人間並みに、または人間を超える動きができるようになるまでには、もう少し改良が必要なのかもしれませんが、これまでの金属製のまさにロボットのような素材よりも、様々なものに応用できそうな気がします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする