世界で最も肥満が多い国トップ10 2017

世界中で肥満が問題になっています。最新の統計ではどの国が肥満の割合が高いのでしょうか?私は実はアメリカだと思っていましたが全く状況は違うようです。記事によれば、2017年には世界の成人の約40%が過体重に分類される可能性があり、世界中の100以上の国で、成人人口の過半数が過体重だということです。(記事の原文はここ

貧しい国、豊かな国にかかわらず、若者から高齢者までほとんどの国で肥満が増加しています。その中でもトップ10を見ていきましょう!

TOP10 – 米国 – 31.8%

アメリカは、最も肥満の多い国のひとつであることで、世界中に知られています。「サプライズミー」のようなドキュメンタリーは、ジャンクフードの中毒を説明し、健康的な食生活に関する基本的な考え方を無視しているものでした。だから、思ったほど悪くはないですが、アメリカはこのリストの第10位にあり、人口の3分の1弱が肥満と認定されています。それでも、他のどの国よりも生活水準が高いため、目立っています。

TOP9 – メキシコ – 32.8%

世界で最も肥満の多い国の第9位に来るのは、メキシコで、人口の3分の1弱がの肥満です。アメリカと同様に、この国の過体重や肥満の人々の割合は、国民健康の深刻な問題とみなされています。メキシコにおける高肥満症の主な原因は、他の西側諸国の高度に加工された脂肪の多い甘い食べ物が導入されたことです。1980年代まで、メキシコの典型的な食事は、新鮮な農産物や天然成分を主成分としていました。メキシコはコカコーラの世界最大の消費者であると言われています。メキシコ人がソーダを飲み過ぎることは明らかです。これに対する対策として、政府は最近ソーダに課税を発表し、各ソーダの価格に約1ペソの税金を加えました。これは、メキシコ人が不健康な飲み物を飲んでいる速度を遅くすることを意味しています。メキシコのソーダ税が国の健康にプラスの影響を与えているかどうかはまだ分かりません。

TOP8 – カタール – 33.1%

国が天然資源から素早く豊かになることができれば、それが公衆衛生に影響を及ぼすことがあります。一つは、食品の利用可能性と品質が向上し、衛生安全基準が改善され、国の健康状態が改善することです。残念なことに、カタールでは、国の富の大幅な上昇は、国民の健康の低迷をもたらしました。一人当たりの収入を見れば、カタールは世界で最も豊かな国です。しかし、カタールの人口の半数は肥満だろうという人もいて、小児の糖尿病率上昇の危機に直面しています。カタールでは、西洋のファストフードチェーンがどこにでも出現しています。国の急速な近代化と成長は、さらに体を動かさない生活様式につながる可能性が高くなります。これらの要因と他の要因が組み合わさってカタールを世界の最も太った国のリストに入ったのです。

TOP7 – 南アフリカ – 33.5%

南アフリカはこのリストに入った、アフリカ諸国の中で初めての国です。多くのアフリカ諸国は、不十分な食料供給、不平等、悪い食糧流通システムによって引き起こされた貧困と栄養不足に苦しんでいます。しかし、飢餓率の高い多くの国では、肥満も高まっています。開発途上国の肥満者の数はここ数十年で3倍または4倍になったといわれています。これは確かに、人々に過体重をもたらすけれども、それでも適切に栄養は伴わず、ひどく不健康な食事の結果です。極端な不平等と腐敗の結果でもあります。南アフリカでは、死亡者の約半分が心臓発作や脳卒中に起因するとされているが、太りすぎや肥満による可能性があります。

TOP6 – アラブ首長国連邦(UAE) – 33.7%

アラブ首長国連邦では、ドバイの肥満の原因と影響の多くを共有しています。石油の富はあまりにも早くこの国にやって来て、人口が慣れていない西洋風のファストフードの食事が出現しました。アメリカでは、男性が女性よりも肥満率が高くなります。アラブ首長国連邦では、その反対で、女性の方が男性よりも約6%多く肥満です。UAEのような国々の肥満の歴史的な理由も指摘する人もいます。歴史的に、太っていることはアラブ世界で富や権力の徴候と見ることができます。このような考えが依然と社会で蔓延しており、肥満体型を維持するという健康上のリスクについての誤った情報が存在することもあります。

TOP5 – ヨルダン – 34.3%

ヨルダンは、肥満の問題に関してはUAEと類似点があります。1つは、男性よりも女性で肥満がはるかに一般的です。その違いは、ヨルダンで特に顕著で、男性の約2倍の女性が肥満です。この国では、結婚の年齢と肥満の関係が繋がっています。結婚は、制限されたライフスタイル、失業をもたらし、体重増加の助けとなるある種の存在になっています。世界保健機関(WHO)は、早期に結婚するだけでなく、ヨルダンの高度の肥満の他の要因として、喫煙と富が関与していると考えています。

TOP4 – エジプト – 34.6%

このリストの多くの国と同様、エジプトの問題は少なくとも部分的には急速な工業化によって引き起こされています。エジプトでは、都市の太った人の割合は、農村部の太った人の割合の2倍です。豊富で安価で栄養のないファストフードと、活動的ではないライフスタイルと組み合わせることは危険です。その結果は特にエジプトでは悲惨でした。エジプトは世界で最も高い糖尿病率を有しており、その国の10代の若者は驚くほどの量のソーダを飲み、アフリカで最も肥満の多い国となっています。

TOP3 – ベリーズ – 34.9%

エジプトのような国の肥満の問題は、少なくとも数十年にわたって大きく話題に上ってきましたが、最近まで、ベリーズは肥満の問題を抱えている国家とは考えられていませんでした。ベリーズは中央アメリカ、ちょうどメキシコの南にあり、公用語は英語です。このリストで中米の唯一の国です。しかし、それは肥満がこの地域の問題ではないということを意味するものではありません。我々はすでにメキシコについて議論してきましたが、肥満はベネズエラとトリニダード・トバゴは重大な問題です。さらに南部では、チリやアルゼンチンなどの裕福な南米諸国でも肥満率が上昇しています。

TOP2 – サウジアラビア – 35.2%

世界で最も裕福な国々の地位になり、衝撃的な肥満の上昇を見せたもう一つの国はサウジアラビアです。10年足らず前には、フォーブスがまとめた調査によると、サウジアラビアは30の最も裕福な国にかろうじて入った国でした。今日、その肥満の問題は世界で2番目に悪いのです。サウジアラビアの女性の3分の1以上は、体重の問題の直接の結果である健康問題や合併症と闘っていると言われています。いくつかの研究では、サウジアラビアの肥満問題はここに掲載されている数字よりずっと悪く、70%もの数字が発表されているともいわれています。このリストに載っている多くの国と同様に、糖尿病の率は急速に上昇しています。サウジアラビアでは、肥満関連の問題は健康保険には含まれていません。これは、サウジアラビアの人々が、肥満の結果として起こる問題や疾病に多額のお金を払っていることを意味します。

TOP1 – クウェート – 42.8%

クウェートは近年世界で最も裕福な国となっています。ファストフードに対する愛が驚くほど高い肥満を引き起こすと言われています。世界中の13%の人々が肥満であると言われていますが、クウェートではその3倍以上です。クウェートでのファストフードの高い消費は、別のアメリカのアイデアの導入につながっています。それはstomach stapling(胃ステープル留め)です。クウェートは、胃ステープル留め率が最も高い国と言われています。約350万人の人口を有するクウェートでは、年間約5000件の胃ステープル処置が行われています。このリストに載っている他の国と同じように、石油による繁栄の増加、アメリカの食事の流入、体重や食べ物に関するさまざまな文化的アイデアが、クウェートに過体重や肥満の非常に高い割合をもたらしています。

驚くことに、上位に中東諸国が非常に多くなっていることです。石油による富が悪い方に向かってしまったようです。

日本は肥満率で考えると非常に低くなりますが、それはもともとアジア人はインスリン分泌が少ないことに関連しているだけです。日本人他アジアの人が肥満を呈するときにはその他の国の人よりも深刻な病状になっていることが多くなると考えられますので、全く安心できる状況ではありません。

世界の肥満および過体重の地図を載せておきます。最初の地図はBMI30以上の割合で、次の地図がBMI25以上の割合です。青が濃いほど割合が少なく、赤(オレンジ)が濃いほど割合が高いことを表しています。中国はまだ青いですが、すでに深刻な糖尿病の増加を示しています。中国人は西洋人よりもかなり体重が少ないのに、糖尿病はもはや11.6%にのぼり、加えて50.1%が前糖尿病状態と言われています。皆さんも気を付けてください。ファストフードはほどほどに。糖質制限で健康になりましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする