マルチビタミンの使用は乳がんを増加させる可能性がある

小林麻央さんが乳がんで亡くなりました。34歳という若さです。何が乳がんにとって良くないのかまだわからないことだらけです。その中で、いくつかの研究論文を取り上げていきたいと思います。

まずはマルチビタミンです。健康のためを思い、マルチビタミンを常用している方もいるかもしれませんが、そのマルチビタミンが乳がんの増加の一因である可能性を示唆したものです。

「Multivitamin use and breast cancer incidence in a prospective cohort of Swedish women」

「スウェーデンの女性の前向きコホートにおけるマルチビタミンの使用と乳がんの発生率」(原文はここ

要約

背景:多くの女性は、これらのサプリメントががんや心血管疾患などの慢性疾患を予防すると考えて、マルチビタミン剤を使用しています。しかし、マルチビタミンの使用が乳がんのリスクに影響を与えるかどうかは不明です。

目的:スウェーデンのマンモグラフィーコホートにおいて、マルチビタミンの使用と浸潤性乳がんの発生率との間の関連を前向きに検討しました。

デザイン:1997年に、35,329人のがんのない女性に、マルチビタミンの使用に関する情報と他の乳がんのリスク要因に関する自己管理アンケートを行いました。相対リスク(RR)および95%CIを計算し、乳がんリスクファクターを調整しました。

結果:平均9.5年の追跡期間中、974人の女性が、乳がんを発症したと診断されました。マルチビタミンの使用は、乳がんの統計的に有意に増加したリスクと関連していた。マルチビタミンの使用を報告した女性の多変量RRは1.19(95%CI:1.04,1.37)でした。この関連性は、乳房腫瘍のホルモン受容体状態によって著しい違いはありませんでした。

結論:これらの結果は、マルチビタミンの使用が乳がんのリスクの増加と関連していることを示唆しています。

リスクの上昇は19%です。対象は49歳から83歳で、しかもスウェーデンでの話でしょ?と思う方はそれで構いません。どうとらえるかは個人の自由です。食生活も違うでしょうから。麻央さんのような若い方は研究の中に入っていません。

実はスウェーデンは糖質制限先進国で、2013年の情報で23%の人が糖質制限を実施しているほどです。(詳しくは江部先生の記事を読んでみてください。)

そんな国民の中、健康に気を使っている人は多いのではないでしょうか?健康のためのビタミンサプリメントが逆の結果をもたらしてしまったことになります。

マルチビタミンなのでどの成分が乳がんと関連しているのかはわかりません。しかし、次からの研究を見るともしかしたら葉酸が原因の一つかもしれません。

同じスウェーデンからの研究で次のようなものがあります。乳がんにはエストロゲンと結びついて増殖するものがあります。エストロゲンレセプターのαとβの違いは私は良く知りませんが、今回の研究はそのβが陰性の方での研究です。

「Plasma Folate Concentrations Are Positively Associated with Risk of Estrogen Receptor β Negative Breast Cancer in a Swedish Nested Case Control Study」

「スウェーデンのコホート研究において、血漿葉酸濃度はエストロゲンレセプターβ陰性の乳がんのリスクに正の相関がある」(原文はここ

要約

乳がん発達における葉酸の役割は論争の的になっています。エストロゲンレセプター(ER)の状態だけでなく、腫瘍のERβの状態も、以前の疫学研究の結果を混乱させる可能性がある。我々は、血漿葉酸濃度とER状態によって定義される閉経後乳がんとの間の関連性を調べることを目的とした。この症例対照研究は、ERαおよびERβ状態に関する情報を伴う204の事例乳がん症例で行われた。血漿葉酸濃度を、症例および408対照(年齢および血液サンプル日付と一致)について分析した。血漿葉酸濃度(0.12 nmol / L)の第3三分位の女性(葉酸濃度が最も高い群)は、第1三分位の女性(葉酸濃度が最も低い群)よりもERβ陰性乳がんの発生率が高かった(OR:2.67; 95%CI:1.44-4.92; P-trend = 0.001)。血漿葉酸濃度とER状態によって定義される他の乳がんサブグループとの間の有意な関連性は観察されなかった。(つまり、ERαは関連無し)血漿葉酸濃度とERb陰性乳がんとの間の正の相関を示すということは、葉酸および乳がんの研究においてERbの状態を考慮に入れることの重要性を強調している。他の集団で再現された場合、観察は公衆衛生、特に葉酸強化についての示唆をもたらすかもしれない。

この研究も閉経後の女性を対象としていますが、エストロゲンレセプターの状態によっては、葉酸が乳がんリスクをかなり増加させることを示唆しています。リスクの高さは実に2.67倍です。

さらに、閉経後の乳がんでは、

「Folate intake, alcohol use, and postmenopausal breast cancer risk in the Prostate, Lung, Colorectal, and Ovarian Cancer Screening Trial」

「前立腺、肺、大腸、卵巣がんスクリーニングトライアルにおける葉酸の摂取、アルコールの使用、および閉経後乳がんリスク」(原文はここ

結果は、食品からの葉酸では閉経後乳がんと有意に関連していなかったのですが、葉酸サプリメント(マルチビタミンを含む)で400μg以上を摂取している女性は、葉酸サプリメントを服用していない女性よりも閉経後乳がんのリスクが19%高い(95%CI:1.01,1.41; P = 0.04)結果となりました。さらに総葉酸量の最高5分の1の人(つまり葉酸量が最も多い人の群)では、最低五分位群(最も少ない群)よりも32%高いリスク(95%CI:1.04,1.68、P = 0.03)が認められたのです。

つまり、サプリメントと食事の葉酸ではリスクが違うことを示唆しているのです。

葉酸は非常に重要な栄養素で、特に妊婦さんは胎児の成長に葉酸が欠かせません。葉酸が不足すると二分脊椎などの先天性異常が起こる可能性が高くなります。しかも、一番必要な時期は非常に初期の段階なので、普段から葉酸不足にならないようにしなければなりません。

もちろん、この妊娠する前後の時期にどうしても栄養が不足する場合はサプリメントという手段は非常に価値があるでしょう。しかし、やはり食事から摂れる方は食事を基本にしなければならないでしょう。食事から普通に摂っていれば、体が自然と調整します。しかし、大量の成分を含んでいるサプリメント摂取はこの自然の調整を乱してしまう可能性が十分考えられます。また、人間の体は本当の栄養と、人工の栄養を区別できているのかもしれません。

閉経後の研究が多く、若い方の乳がんのリスクはサプリメントと無関係である可能性ももちろんあります。それぞれがよく考えるべきでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする