アメリカのがんセンターでも糖質はがんのリスクを高める、とちゃんと教えている

以前の記事「日本のメディアも本当のことを言わないと…糖質とがんの関係」ではアメリカでは真実を伝える記事があるのに、日本のマスコミが真実を伝えていないことを書きました。

この動画を見てください。(英語ですが)

アメリカにあるSloane KetteringがんセンターのCEOの講義です。

その講義の中でがんのリスクを増加させる栄養素は?という質問をしています。

その答えはもちろん「炭水化物(糖質)」です。

日本の医療関係の講義で、現在はちゃんとこのようなことを伝えているのでしょうか?伝えていると願いたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする