大便には小さな台

便秘で悩んでいる方も多いかもしれません。便秘解消グッズとして、この台は何年か前から知っていたのですが、その有効性が世界消化器病学会で発表されたそうです。テレビなどでも何度も取り上げられているので、ご存知の方も多いと思います。

それによると、排便時間が1分以上短縮し、排便時のいきみの評価スコアや残便感も有意に改善していたそうです。さらに67.3%が研究終了後も引き続き台を使用する意向を示したそうです。

考えてみれば、人類は恐らくずっと「うんこ座り」で大便をしてきたと思われます。現在のような洋式便器はなかったですから。自然の中で、しゃがんで大便をするように体の構造ができているのでしょう。進化学的にも解剖学的にもそれに逆らった格好で現在は排便をしているのですから、うまく出せなくても不思議ではありません。

しかし、この台を使えば、洋式の便器に座りながら、「うんこ座り」ができるのですから、非常に有効性がありそうです。

ただ、Squatty Potty社の製品でなくても類似品もたくさん出ているようです。ただの台なので、性能の差はないと思われます。家に代わりになるような台があればそれでもかまわないでしょう。

便秘に「小さな足置き台」が有効な可能性

2017.11.3 ケアネットより

実際の記事はここをご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする