アメリカでは医療用の麻薬(オピオイド)の処方が多いほど、医師の報酬が増える

あのトランプ大統領が非常事態宣言を出すほど、アメリカでは医療用の麻薬(オピオイド)の乱用、依存、中毒が問題になっています。

以前は、痛みに対して欧米ではオピオイドの使用が多く、日本ではほとんど処方されていない状況に、「日本でももっとオピオイドを使うべきだ!」と力説する方もいらっしゃいました。もちろん適切であれば問題はありません。特にがん性疼痛には非常に有効であるので、もっと使うべきかもしれません。

しかし、問題は通常の鎮痛剤のように使用するオピオイドです。日本ではいわゆるNsaids(非ステロイド性抗炎症薬)が鎮痛剤として一般的です。しかし、アメリアではオピオイドが簡単に処方されます。ひどいクリニックではクーポン券まで発行して、患者を集めています。オピオイドの依存症を作り上げれば、その後は自動的にクリニックで処方を受け続けてくれるので非常に儲かるのでしょう。

日本でも現在はがんではない慢性疼痛にオピオイドが処方できますが、非常にルールが厳しく、誰でも手に入れることはできません。

CNNが伝えることによると、アメリカではオピオイドを処方した医師に対して、製薬会社から報酬が与えられています。つまり、オピオイドをたくさん処方すればするほどキックバックが得られ、儲かるのです。お金がもらえるので処方箋を出しているのか、処方箋を多く出したからお金を与えるのかわかりませんが、どちらの場合でも悪循環です。

上の図(記事の原文より)オピオイドの処方に対してどれだけの報酬を受け取ったかを表しています。多い医師では15,000ドル以上、日本円では約160万円以上受け取ることになります。何千人もの医師が25,000ドル(約260万円)以上を受け取っていたこともわかっているそうです。オピオイド処方の上位1%の医師は、典型的な医師の平均4倍の報酬を受けとり、1%の中のトップ10の医師は、平均して、典型的な医師よりも9倍多くの報酬を受け取ったそうです。

私は余程のことがない限り、麻薬を処方しようとは思いません。手術の麻酔では当然麻薬を使用しますが、手術直後の痛みでない限り、慢性的に麻薬を使用し続ければ当然依存症が出来上がってしまうでしょう。

慢性の痛みは多くの場合脳の問題だと思います。急性の痛みとは違います。そのような慢性の痛みの本当の原因を突き止めることは非常に難しく、通常の薬が効果がないからと言って麻薬に切り替えることが本当に良いのか?という疑問が常にあります。麻薬の依存は非常に急速に起こると思っていますので、痛みに対してほとんど効果がなくても、患者さんは麻薬を求めることが目的になってしまい、医師に効果があることを伝える可能性もあります。

私はまずは食事療法を勧めます。並行して薬物治療や神経ブロックを行うこともありますが、びっくりすることにちゃんと食事を変えた人はそれだけで改善してしまうことも珍しくないのです。

このキックバック問題はもちろん麻薬に限ったことではなく、日本でもいろいろとあるのは皆さんご存知でしょう。製薬会社から何らかの形でお金を受け取っている限り、様々な医療の状況は変化しづらいでしょう。全てが悪いとは言えませんが、それにより真実が歪められているとしたら、その被害を被るのは患者さんです。

「CNN Exclusive: The more opioids doctors prescribe, the more money they make」

「CNN独占:医師が処方するオピオイドが多いほど、彼らのお金が増える」(原文の記事はここ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする