ウルトラマラソンと血液検査2016

今回も100kmのウルトラマラソンで体にどのようにダメージがあるか興味があったので、血液検査を行いました。

レース前は直前ではありません。1週間ちょっと前の値です。レース後は直後に測定したいのですが、採血はできても検査機関に出すことができないので、仕方なくレース翌日の昼食前の値です。ちなみに昨年のデータも載せます。

レース前レース後レース前レース後
検査項目2015.5.152015.6.292016.6.172016.6.27
白血球数3680906036306960
赤血球数448422449375
ヘモグロビン1413.113.711.7
血小板数17.317.419.515
総蛋白77.16.4
アルブミン4.54.1
総ビリルビン1.91.41.3
直接ビリルビン0.40.30.3
AST(GOT)16351456
ALT(GPT)20241336
LDH206142226
CPK878791124
BUN16.926.317.327.1
クレアチニン0.790.760.850.76
ナトリウム142141141
カリウム3.63.93.7
クロール102103106
カルシウム9.28.88.5
10799
CRP4.970.05以下5.02
中性脂肪4630
血糖84898587

白血球数は正常範囲ですが、いつものよりも高い値になっています。昨年が9060、今年は6960です。これは炎症でしょうかね。

昨年はレース前にビリルビンを測定していなかったので、総ビリルビンが1.9になったのを100kmの間、足で赤血球を踏みつけたことによる溶血によるものだと思っていたのですが、今回のレースではレース前とあまり変化ありませんでした。いずれにしても日常的に走っていることにより溶血が起きている可能性があります。しかし、今回のレース後はヘモグロビンもかなり低下したので、かなりの溶血だったような気がしているのですが、上手く説明できません。

総蛋白がかなり減ったのには驚きました。脱水や運動では高くなると思うのですが、過度のダイエットや低栄養状態のときには低値となることがあります。普段は食事でタンパク質いっぱい摂っていても、レース中は10数時間何もタンパク質を摂らず、激しい運動をしたからでしょうか?レース後はきっちりと食べたのですが…よくわかりません。他の方の血液データでも軒並み総蛋白は低下しています。筋肉は壊れたと思いますが、それと総蛋白の減少を結びつけることができるのかどうかもよくわかりません。どなたかわかる方は教えてください。

CPKは昨年が878、今年は何と1124です。これは筋肉が壊れた証拠です。値の違いは筋肉の壊れた量を反映しているのかどうかはよくわかりません。

今年はAST(GOT)が昨年よりも上昇幅が大きいですね。

LDHは正常範囲ですがレース前よりも上昇しています。

尿素窒素は昨年26.3、今年が27.1 これは激しい運動でも上昇しますし、脱水も関係するかもしれません。

今回はカルシウムが低下しました。総蛋白が低下したからかもしれません。(アルブミンが低下したかどうかはレース前に測定していないのでわかりません。)

CRPは昨年が4.97、今年は5.02 これは炎症所見です。100kmも走れば体中炎症でしょう。

他でも書いたようにレース直後の血糖値は87でした。普段と変化なしです。次回は是非持続型の血糖測定器を装着して走りたいと思っていますが、何かいい策がある方は教えてください。アボットのものは現在ドイツから個人輸入は難しいと言われました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 紅露伸司 より:

    清水先生.
    円山整形外科麻酔科の紅露です.
    ウルトラマラソン前後の検査データーのご提示ありがとうございます.とても興味深いですね.
    別のコメントでも書きましたが,一度FreeStyle Libreを個人輸入したことがあります.セカイモンというサイトを利用しました.出品はドイツ,イギリスなどからあります.私はドイツから買いました.出品者からドイツ語で「単位はmgかmolか?返事がなければキャンセルするよ」と聞かれていたことに気づかず,危うく流してしまうところでした.結果的には問題なく1セット買えました.ただし,これは生涯一度しか購入できないそうです.正規の発売を待っているところです.今は手元に測定器だけが残っています.もし良ければ,パッチの方を輸入されるならお貸ししますよ.でもきっと来年のサロマまでには日本でも発売になるかと.
    興味深い発表を楽しみにしております.

    • Dr.Shimizu より:

      紅露先生
      ありがとうございます。
      今年はすでに私はオフシーズンなので、日本の発売を待ってみます。