小林麻央さんに是非とも読んでいただきたい一冊「ケトン食ががんを消す」

古川健司先生の著書「ケトン食ががんを消す」が出版されました。

糖質制限をちょっと誤解されている内容も一部見受けられましたが、非常に良い本です。この内容が全国のすべての病院で広まれば非常にがんサバイバーが急増すると思われます。

実は、数年前私の友人の奥さんの友人が若くしてがんになりました。ステージ4でもうやれることはないと言われたようで、私に相談がありました。しかし、その頃は糖質制限は自分ではやっていましたが、確固たる知識が十分ではなく、大したアドバイスができませんでした。その後いろいろなことを学び、今ではこの本に書かれていることのほとんどはすでにわかっているぐらいの知識にはなっています。その頃にもう少し私に知識があればと、今でも悔やんでいます。

このブログでも何度もご紹介している小林麻央さんのブログですが、そこに出てくる食事はがんのエサばかりです。和食や野菜がたっぷりであれば良いと考えているのか、野菜は根菜類も多く、特に「毎朝ニンジンジュースを飲んでいる」と書かれていましたが、ニンジンジュースは糖質が多いのでがんにはお勧めできません。また、タンパク質の料理が非常に少ないのも気にかかります。入院中はごはん大盛りやフレンチトーストを非常に甘くして食べていたりと、本当に食事療法をやっていたのか?と疑うような食事でした。

是非とも小林麻央さんにはこの「ケトン食ががんを消す」を読んで、元気になっていただきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする