新型コロナウイルスワクチンの副反応

新型コロナウイルスのワクチンは驚くスピードで開発され、実際の接種が始まってしまいました。早速、2人にアレルギー反応が出たようです。

英 ワクチン接種の2人に激しいアレルギー反応のような症状

2020年12月10日 NHK NEWSWEBより(記事はここ

アメリカの製薬大手、ファイザーなどが開発した新型コロナウイルスのワクチンの接種が始まったイギリスで8日、接種した人のうち2人が、激しいアレルギー反応のような症状を示していたことがわかりました。規制当局は、過去に同じような症状が出たことのある人は接種しないよう、予防的な措置としての勧告を出しました。

イギリスでは、アメリカの製薬大手、ファイザーとドイツの企業、ビオンテックが開発した新型コロナウイルスのワクチンの接種が8日、始まりました。

接種を実施しているNHS=国民保健サービスによりますと、高齢者などとともに接種したNHSのスタッフ2人が接種の直後、激しいアレルギー反応である「アナフィラキシー」のような症状を示したということです。

2人は過去にも強いアレルギー反応が出たことがあり、急な症状を抑えるために自分で使う注射薬も持っていたということで、その後、手当てを受けて回復したということです。

今回の報告を受けて、イギリスの規制当局は医療関係者に対し、これまでワクチンや薬、それに食物で「アナフィラキシー」のような症状が出たことがある人には、このワクチンを接種しないよう予防的な措置としての勧告を出しました。

規制当局のレイン長官は9日、議会の委員会で「広範な臨床試験ではこうしたことはワクチンの特徴にはなかった。勧告を強化する必要があればすぐに実行する」と強調しました。

実はこのファイザーのワクチンですが、試験段階で4人にベル麻痺と呼ばれる顔面神経麻痺を起こしていました。私が見落としていただけなのかもしれませんが、日本のマスコミはこのことに一切触れていないようです。約22,000人にワクチンを接種して4人発症なので、一般的な発症率である10万人に20~30人と同じ割合ではあります。だから問題ないとファイザーは考えているようです。ちなみにプラセボ群ではベル麻痺はゼロでした。しかし、この割合は年間の発症率です。偶然にもワクチン接種と同時期に短い期間に、ベル麻痺が年間の割合の人数きっちりと発症したのは、非常におかしな話です。(関連記事はここ

幸いにも4人のうち1人は3日で症状が改善し、残りの3人も10~21日で回復したようです。

ベル麻痺の原因は不明の場合が多いのですが、ウイルス感染が最も多いと考えられていますが、その他自己免疫性が関係しているかもしれません。(ここ参照)ベル麻痺になると顔の半分が麻痺して垂れ下がってしまいます。

このワクチンとベル麻痺の関連ですが、今回のワクチンが初めてではありません。以前にスイスで経鼻不活化インフルエンザワクチンを使用して、ベル麻痺が46例報告されています。様々な分析により、控えめに推定しても,ベル麻痺の相対リスクは対照群のリスクの19倍と考えらたそうです。

他にも、ワクチンによる重大な副反応が出たのは新型インフルエンザウイルスのワクチンです。イギリス、フィンランドとスウェーデンでは2009年の新型インフルエンザのワクチンを接種した子供たちにナルコレプシーが非常に多く起こりました。ナルコレプシーは、日中の過度の眠気や、通常起きている時間帯に自分では制御できない眠気が繰り返し起こることを特徴とする睡眠障害で、突然の筋力低下を伴います。(ここ参照)

このナルコレプシーの原因は自己免疫性が有力視されています。(ここ参照)

2009年の新型インフルエンザのワクチン接種を受けたイギリスの子供で、接種後6ヵ月以内にナルコレプシーを発症するリスクが約16倍に増大し、フィンランドの調査により、ワクチン接種を受けた子供でリスクが13倍に増大したことが判明したのです。

日本では、厚労省が因果関係を認めているのはごく少数ですが、新型インフルエンザワクチン接種後に133人が亡くなっています。(「もう一度新型インフルエンザの年を振り返ることにより見えてくるもの」参照)

私には、このような急造した安全性も不明なワクチンを喜んで接種する人の気持ちが理解できませんが、大人は自分で判断するしかありません。しかし、子供たちは親が接種するかどうかを決めるので、ナルコレプシーなど重大な副反応が起きたら、犠牲になるのは子供たちです。

もしも、今回の新型コロナウイルスワクチンのベル麻痺に自己免疫が関係していたとしたら、また2009年と同じような惨劇が繰り返される可能性もあるでしょう。

これほど死亡率が低い日本では、あわててワクチン接種する必要ないでしょう。

「Use of the Inactivated Intranasal Influenza Vaccine and the Risk of Bell’s Palsy in Switzerland」

「スイスにおける経鼻不活化インフルエンザワクチンの使用とベル麻痺のリスク」(原文はここ

「Risk of narcolepsy in children and young people receiving AS03 adjuvanted pandemic A/H1N1 2009 influenza vaccine: retrospective analysis」

「AS03アジュバント添加パンデミックA / H1N1 2009インフルエンザワクチンを接種している子供および若者におけるナルコレプシーのリスク:遡及的分析」(原文はここ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 鈴木武彦 より:

    NHK、新型コロナによる病院の赤字状況を分析した番組によると、
    コロナ患者を受け入れると他の入院患者数を抑える必要があり、入院費収入激減。
    人件費などは減らせない為赤字に転落、ということでした。

    小児科クリニックの事例では(休校や感染症対策により)患者が減り赤字。
    現状困っているのは患者ではなく、経営が悪化したクリニックということですが、
    小児科医師の団体では「子供達の病気が減って良かった」ではなく、小児科医療が崩壊すると、発信。

    自衛隊の医療人材の派遣も始まりました。一般の医療機関スタッフの派遣は反発が大きく、
    現実的では無いのでより迅速に活用し易いということなのでしょう。
    国民にとって必要な医療とは何かを考えさせる、コロナ禍です。

    今1番怖いのは、感染が判明により社会的に抹殺されかねないことではないでしょうか。

    • Dr.Shimizu より:

      鈴木武彦さん、コメントありがとうございます。

      陽性者の中で職業だけでなく、性別や年齢さえ非公表にする人が増加してきましたね。
      いまだに芸能人が陽性になって、謝罪などしているのが良くないと思います。
      誰でも感染する可能性がありますから、誰も悪くありません。
      しかし、インフルエンザのころから日本人は感染怖い怖い脳の人が多いと感じていました。

  2. 情報提供 より:

    米ファイザー社製ワクチン治験中に6人が死亡
    12月 10, 2020 06:05 Asia/Tokyo
    https://parstoday.com/ja/news/world-i68696
    米製薬大手「ファイザー」などが共同開発した新型コロナ用ワクチンの治験中に、6人が死亡していたことが判明しました。

    去る11月に、ファイザー社は同社製ワクチンの有効率を95%と発表していました。

    しかし、「ファイザー」および独「BioNTech」が開発した新型コロナ用ワクチンの治験中に6人が死亡していたことがこのほど判明しました。

    FDA米食品医薬品局の報告書によりますと、死亡者のうち2人にはワクチンが投与され、4人はプラセボを与えられていました。

    ワクチンを投与されていた被験者のうち1人は肥満で、アテローム性動脈硬化症を患っており、1回目の投与3日後に死亡し、う1人は2回目の投与60日後に心臓停止で死亡が確認されたということです。

    一方、プラセボ投与グループでは2人が脳卒中と心臓発作で死亡し、残る2人の死因については現在も調査中で、死亡した6人のうち3人は年齢55歳以上だったとされています。

    ファイザー社と米政府は今年7月、総額約20億ドル(約2081億円)で1億回分のワクチン供与について契約を結んでいました。

    今月8日には英国で、この共同開発されたワクチンによる新型コロナのリスク群への接種が開始され、コベントリー大学病院の医師らは臨床試験以外の初接種を90歳の高齢者女性、マーガレット・キーナン氏に、そして80歳のウィリアム・シェクスピア氏に対し行い、注目を集めています。

    • Dr.Shimizu より:

      情報提供さん、コメントありがとうございます。

      このことはすでに知っていますが、ファイザーワクチン2人、プラセボ(プラセボと言っても生理食塩水ではなく髄膜炎菌ワクチンですが)4人ですからね?
      なんとも言えないですよね?
      それよりもこのワクチンのNNTV(1人の新型コロナを防ぐのに必要なワクチン接種数)は256です。255人は何の利益も得られないばかりか、
      副反応を起こすリスクを伴います。日本で本当に必要でしょうか?