認知症の講演を行いました

先日、15日に地域の方に「認知症」の講演をさせていただきました。

非常に多くの方に集まっていただき、ありがとうございました。

私の行っているコウノメソッドを含め、認知症一般の話、治療の話や食事のこと、

現在の認知症に関する問題点など幅広くお話させていただきました。

講演後は非常に多くの質問をいただき、皆さんの関心の高さがうかがえました。

今回の内容で一番強調したのが、食事のことでした。

私は認知症は生活習慣病だと考えています。特に食習慣が問題になっていると思います。

これだけ世界各国からの研究の内容で、血糖値と認知症のリスクの関係が指摘されているのですから、

やはり糖質を抑えた食事をとるべきだと思います。

しかし、マスコミ、特にテレビや新聞はほとんど血糖値や糖質と認知症との関連を取り上げません。

恐らくはスポンサーの問題だと思います。

「認知症には○○を食べると良い」という内容はいっぱい放送されていますが、

「認知症には○○は食べない方が良い」という内容はあまり出てきません。

食べると良いと言われれば、みんな買ってくれるのでスポンサーは大喜び。

次の日にスーパーで品切れ続出なんていっぱいあります。

でも、食べない方が良いと言われたら、スポンサーは大激怒でしょう。

「お米」をたくさん食べた方が認知症のリスクが高くなる、という日本の大規模なデータがあるのに

それをちゃんと伝えないマスコミを信用できますか?

血糖値や糖質と認知症の関連、がんとの関連、いっぱいわかってきているのに何でもっと放送しないのでしょうか?

それ以外の怪しい情報は裏も取らずにいっぱい放送しているのにもかかわらず。

皆さんに糖質制限をして下さいとは言わなくてもいいと思いますが、糖質の摂りすぎの現在、

糖質を摂るリスクをちゃんと伝えるべきだと思います。その上で考えるのは一人一人違ってもいいと思います。

まあ、でも無理でしょう。お金が絡むと情報は曲げて伝えられるのはいつの世も同じですから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする