大谷翔平選手が日本最速164km/hを記録したけれども・・・

我らの日本ハムファイターズの至宝、大谷翔平選手が久しぶりに先発で長いイニングを投げました。そして、日本最速の164km/hを記録しました。しかし、このスピードにも関わらず、糸井選手にヒットを打たれました。これまでにも大谷選手は160km/h以上の球を何度も投げているのですが、なぜかバットに当たります。見ていても球が軽い感じがします。スピードガンの表示は恐らく初速でしょう。つまりピッチャーが投げるときのスピードは速いけれども、バッターに届くときにはスピードがかなり落ちているので、軽く見えるし、バッターも十分に当てることができるのだと思います。

その点ダルビッシュ選手の直球は150km/h後半でしたが、うなる様なボールでした。ここがダルビッシュ選手と大谷選手の違いなのでしょう。見た目早いだけのピッチャーから卒業して、本当にバッターの手元で浮き上がるほどの直球を投げる選手になって欲しいものです。

今シーズンの前にダルビッシュ選手と一緒に練習をしていた大谷選手。筋肉を付けてバランスが悪くなったのか、シーズン最初の方は全くダメでした。しかし、ダルビッシュ選手のいいところを吸収して最高の選手を目指していただきたいですね。大谷にはもっと凄味が欲しいです。

今年こそ優勝と日本一を!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする