小林麻央さんのブログ

小林麻央さんが乳がんになり、最近ブログを再開しています。その中で、これまでの経過が少しずつ明らかにされています。

切ないですね。

この中で授乳期間中に人間ドッグを行い、乳がんの疑いを指摘されました。五分五分と言われたそうです。そして、専門医を受診するのですが、そこでエコーとマンモグラフィーで心配ないと言われたそうです。その前にも乳腺専門の知人2人にも心配ないと言われたようです。

その時の検査では生検はしなかったようです。テレビでおなじみの南雲先生のナグモクリニックの「乳がん・乳房再建」というサイトによると次のように書かれています。

2.触診とレントゲン検査で「乳がんではない」と言われました。本当でしょうか?

乳がんの診断には直接診断と間接診断があります。
間接診断 問診、触診、レントゲンや超音波の画像診断があります。
直接診断 しこりから細胞または組織を取って、病理医が顕微鏡でがんの有無を診断します。確定診断とも言います。
専門医が行った間接診断で異常がない場合は、それ以上の検査をする必要はありません。
もちろん、どんな医師にも見落としはありますから、間接診断だけで「絶対に」と言いきることはできません。確定診断のためには直接診断が必要です。しかし、直接診断は痛みを伴う検査ですから、そのたびに直接診断をしていたのでは患者さんの負担も大きくなります。
●もし診断医が乳がんの専門医であれば、数カ月後にもう一度診てもらうだけで十分です。
●もし診断医が乳がんの専門医でないときには、専門医を受診してください。

専門医の検査が全て生検を行うかどうかは私は知らないのですが、この記述を見ると、専門医がエコーとマンモグラフィーで異常がないと思った場合には生検はしないようです。もちろんその医師の考え方にもよりますが。ここに書かれているように痛みを伴いますし、それ以外のリスクもある検査なので何でもかんでもやるわけではないと思います。

全ての病気に言えることですが、全ての検査をしていたらキリがありませんし、医療経済も破たんしてしまいます。医療はリスクアンドベネフィットなので、リスクの方が高いと判断すれば行わないこともいっぱいあります。そして、コストの感覚もどうしても必要になります。

しかし、これも書かれている通り、医師は人間なので見落としや誤診はどうしてもゼロにはできません。だからと言って見落としや誤診をした医師を必要以上につるし上げるの間違っています。医療はもともと不確定なものです。絶対はあり得ません。もちろん誤診しても問題ないとまでは言えませんが、ある意味仕方がない部分ではあります。

ある女性が乳腺のしこりに気づき、婦人科と外科に行って問題ないと言われ、そのまま5年間放置して、5年後に乳がんが見つかったと言って、最初の5年前の医師について非常に怒っている、と言っていました。しかし、これは5年間放置した人の問題です。毎年、乳がんの検診を受けている人もいます。その中で前の年問題なく、1年後乳がんが見つかった、というのは珍しくありません。ここで1年前の診断が誤診だったと怒るのは間違っています。半年や1年の中で問題なかったしこりががんになることはありうる話ですから。まして、5年間という年月を考えると、5年前の診断が誤診や見逃しだったとは言い切れないのではないでしょうか?なぜ、半年や1年後に再検査をしなかったのでしょうか?

授乳期の乳腺は診断が難しいとも言われています。

このような世間に非常に注目されている小林麻央さんのような発信力のある方が、ブログで見落としや誤診について書くことで、またネット上で犯人探しが始まらないか心配です。責任逃れをするつもりではありませんが、有名人の医療に当たるのは非常にリスクが高いのかもしれません。もちろん治療が上手くいって、その有名人が宣伝してくれれば患者さんが集まるようになるかもしれませんが、上手くいかなかった場合ヤブ医者呼ばわりされて、世間に名前まで公表されるかもしれません。このブログ発言が良い方向に向いてくれることを願います。

現代の医療は非常に専門化されています。しかし、すべて医師にお任せでは問題です。ドクターショッピングを勧めるわけではありませんが、十分な情報を集めて、納得できる診断治療を受けることが大切です。麻央さんも「生検しなくてもいいのですか?」と疑問を持ったのであれば、生検をすることを選択すべきでした。たとえその結果ががんでなかったとしても。もちろん、専門医3人が問題ないと言ったので大丈夫と思ったのでしょうが、知人の2人は診察もしていないのだと思います。

有名人の方は医療に携わる方を知人に持っている人も多く、いろいろなアドバイスが聞けるのかもしれませんが、それが災いしていることもあるのではないでしょうか?所詮診察も検査結果も見ていない状態で、一般論の話しかできないはずです。

小林麻央さんのブログを見て気になったのですが、海老蔵さんのブログにリンクが張られていたのですが、その内容が「バリウムやばい」なのです。未だにバリウム?なぜ胃の内視鏡検査じゃないの?これほど専門家の知人がいるように見えても、現実はこのレベルなんだな、という印象です。

自分の体は医師が守るわけではありません。自分が守るんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする