フライドポテトを頻繁に食べる人は早死にするかもしれない

アメリカの研究で、フライドポテトを頻繁に食べる人は食べない人に比べて2倍も早死にする、との結果が出ました。(原文はここ

研究ベースラインで45歳から79歳までの年齢で、平均8年間追跡調査しました。その8年間の中で合計236名の参加者が死亡しました。

ポテト全体の摂取量と死亡のリスクとは関連していなかったようですが、フライドポテトに関しては、2~3回/週(HR:1.95; 95%CI:1.11,3.41)および3回以上/週(HR:2.26; 95%CI:1.15,4.47)死亡の危険性が高まるとの結果でした。つまり、フライドポテトは週2~3回でも2倍近く、3回以上食べれば2倍以上の死亡のリスクになるのです。

糖質たっぷり、トランス脂肪酸たっぷり、何度も使った悪い油たっぷりのフライドポテトを頻繁に食べれば、早死にするのは当たり前なのかもしれません。しかし、いい大人になって週3回以上もフライドポテトを食べている人が結構いるんですね。さすがアメリカです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする