ファミリーマートが「バターコーヒー」を発売!しかもグラスフェッドバター使用!

最近、コンビニ業界が頑張っています。ローソンは以前から糖質制限の商品を出していましたが、ファミマも最近ライザップとコラボして、次々に商品を出しています。ただ、「ライザップ」というネームバリューを借りただけで、糖質量が中途半端なもの(パスタ系など)がいくつかみられるのは残念です。

しかし、何でも急に進むわけではないので、このような変化は非常に重要です。まだまだ糖質制限とは行かないまでも、これまでのことを考えると糖質が半分になるだけでもかなりの進歩です。また、糖質制限をしていても、どうしても甘いものからの依存がなかなか抜けられない人も、コンビニの糖質が少ないスイーツを食べるのも良いかもしれません。

そんな中、ファミマが以前かなり話題になった「バターコーヒー」を出します。

(バターコーヒーを知らないという方は、この本を読んでください。)

しかも、グラスフェッドバターとMCTオイルを使用するという徹底ぶり。非常に素晴らしいですね!ただ、本当にグラスフェッドバターを使って、この値段でできるのでしょうか?バターは少しでMCTオイルがメインかもしれません。また、「糖類」ゼロというのがちょっと気になります。「糖質」ゼロではないので。

【ファミリーマート・サークルK・サンクス限定】 今、話題の「バターコーヒー」を発売! 
~グラスフェッドバター・MCTオイル使用~

 株式会社ファミリーマート(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:澤田貴司)はチルド飲料の新商品として、「バターコーヒー」(本体:184円、税込:198円)を、2017年12月5日(火)から、全国のファミリーマート・サークルK・サンクス約18,000店で発売いたします。

■話題沸騰の“バターコーヒー”がファミリーマート・サークルK・サンクス限定で発売!

 コーヒーにバターを入れて楽しむ“バターコーヒー”は、国内でもバターコーヒー専門店がオープンするなど人気が高まっており、バターが入ることによるまろやかな美味しさと満足感が楽しめることなどが特徴です。

 このたび、ファミリーマート・サークルK・サンクスで発売する「バターコーヒー」は、専門店でもお馴染みのニュージーランド産の   “グラスフェッドバター” ※1や、植物性油脂から精製した、中鎖脂肪酸100%のMCTオイルを使用し、“糖類ゼロ”※2で仕上げました。

【商品詳細】

■カテゴリ

【商品名】バターコーヒー

【価格】本体:184円、税込:198円

【容量】240ml

【内容】 牧草主体による通年の放牧酪農で育った牛の生乳から作られた”グラスフェッドバター”※1と、MCTオイルを使用した、風味豊かなバターコーヒーです。“糖類ゼロ”※2に仕上げました。

砂糖・香料不使用。

 

※1:牧草が十分に生育しない場合は、一時的に補助的な穀物飼料を与えることがあります

※2:糖類は、食品表示基準に基づき、100gあたり0.5g未満を0としています。

(元の記事、ニュースリリースはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ゴロンタ より:

    シミズ先生こんばんは。

    うちでも車で遠出したときなど、たまにイートインのできるファミマで
    低糖質デザートとコーヒーで一息いれたりしてます。
    今度機会があったらバターコーヒーを試してみたいと思います。

    11月末からファミレスのココスでも低糖質デザートをはじめました。
    ドリンクバーと合わせて外でお茶するのに良さそうです。
    (コンビニのイートインよりも落ち着けますし)
    https://www.cocos-jpn.co.jp/pdf/171121lowcarb.pdf

    • Dr.Shimizu より:

      ゴロンタさん、コメントありがとうございます。
      ココスにもあるのですね。スイーツは確かに糖質が少ないですが、
      パスタ系はやはり山田先生が監修なのか、糖質量がかなり多いですね。
      そこが残念です。