高血圧の薬に発がん性物質が混入? また中国だ!

どうしてこのようなことが起きてしまうのでしょう?医療用の薬を作る工場に、発がん性物質が置いてあるというのはなぜでしょう?何かの工程で必要なものなのでしょうか?

中国はこれまでにも、様々な食品などでも問題を起こしています。しかし、世界中の非常に多くのものが中国に頼って製造されています。

しかし、私はどうしても中国製品が信用できません。このようなことが頻発しているからです。実際にわかるのは一部でしょう。氷山の一角です。体の中に入るものは極力中国製を避けています。

医療に使う薬までこのようなことが起きるのですから、食品のレベルではひどい有様でしょう。

経済的に世界のトップに立つほどの成長をしてきているのに、その中身、質は相変わらずです。

食品の裏の表示には製造した国や原料の産地が記されていることがあります。薬にも製造した国や原料の製造国を表示し、それを患者側が選択しても良いのではないでしょうか?

バルサルタン錠に発がん性物質 あすか製薬が自主回収

7/6(金)  Yahooニュースより

 あすか製薬(東京)は6日、2017年まで製造していた高血圧症治療剤「バルサルタン錠『AA』」の4製品を自主回収すると発表した。薬の原材料に、発がん性があるとされる物質「N―ニトロソジメチルアミン」が混入しているとして、欧州で7月上旬から自主回収が始まったため。服用した場合、重い健康被害が出る可能性があるが、現時点で被害の情報はないという。

 薬の原材料となる「原薬」をつくる他社の中国工場の製造過程で、問題の物質が発生したとみられる。

 「バルサルタン錠『AA』」は、国内では14~17年、あすか製薬と外資系製薬のアクタビスの合弁会社が製造し、病院や薬局約1300カ所に計1300万錠を販売した。

 あすか製薬は、アクタビスが他社に買収された後に国内販売を中止したが、まだ市中に残っている可能性があるという。

 厚生労働省によると、問題の中国の工場の原薬が使われた薬は、国内ではほかにはないという。同省の担当者は「健康への影響は発がん性物質の混入量によって違う。なぜ混入したかやどれだけの量が混入したか調査結果を報告してもらい、必要があれば対応していく」としている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする