ドクターシミズのウルトラランナーへの道2016 その1

今年もやってきました。サロマの季節。先日、6月26日(日)に第31回サロマ湖100kmウルトラマラソンが開かれ、出場しました。そして、完走しました。タイムは11時間11分。昨年の初ウルトラマラソンと比べると30分記録を更新しました。

2回完走しただけではまだわからない奥深さがありますが、昨年同様いろいろ思ったことを書いていきたいと思います。

今回はまず、準備~直前までです。

今年も昨年と同様凄まじい勢いでエントリー受付終了となりました。サロマは本当に人気が高いですね。

無事エントリーできたので、次は練習です。昨年同様、6月の26日にピークを持っていくように考えました。4月にハーフマラソンの大会に出場。5月にフルマラソンの大会に出場。そして、ウルトラマラソン本番。その間の練習もウルトラマラソンを見据えた練習に励みました。ウルトラマラソンは朝5時スタートなので、5月下旬からはできる限り朝に早く起きて走ることを心掛け、1週間前からは5時起きに切り替え、2日前からは4時起きにして段々と体内時計を朝方にずらしていきました。本番1週間前は結構体が重く感じ、疲労を残さないように軽めの調整としました。

もちろん今年も食事は糖質制限食です。レースの1週間前からは禁酒です。

今年も天気のことでは悩まされました。日本気象協会は10日間予報を出しているのですが、最初に予報が出た時は最高気温11度で雨予報でした。しかし、次の日見てみると最高気温27度の晴れ予報。どっちやねん!1日でこれほど予報が変わるなら、最初から予報しない方がマシです。その後は曇り予報だったり雨予報だったりでした。気温も20度前後の予報。数日前になるとほとんど雨予報は確実で、気温は18度ぐらいで落ち着いてきましたが、気温に関してははっきりしないので、寒さ対策と雨対策を考え、荷物が増えました。

前日に昨年と同じホテルに着いたのですが、夕方5時からホテルでご飯を食べました。私は糖質制限をしているのでご飯を食べません。おかずの中にも糖質が多いものは食べませんでした。もちろん周りの人はみなさんお米を食べていましたし、おかわりをする人もいました。私は夕食としては物足りないので、近くの居酒屋で食べ直しです。いつものように生野菜のサラダと、肉料理をお腹いっぱい食べました。

7時半ごろにはベッドに入りました。意外と今年はぐっすり眠れました。

まだ真夜中の1時半にアラームが鳴り、スッキリ目覚めました。ホテルで朝食用の弁当が用意されていますが、昨年見て糖質がかなり多い弁当だったので今年は取りにも行かなかったです。前日の夜にコンビニでサラダチキンとゆで卵2つ、さけるチーズを一つ買っておいたのです。サラダチキンとゆで卵を食べて、会場に向かうバスに乗り込みました。バスの中チーズをを食べました。暑くはならないので、どれぐらい効果があるかわからなかったのですが、今回はウォーターローディングとナトリウムローディングを行いました。具体的には、だいたい0.9%の食塩水(いわゆる生理食塩水)を作って、それをスタートの45分前に飲み終わるようにゆっくりと飲みました。0.9%の食塩水はめちゃくちゃしょっぱいです。寒くても全く汗をかかないわけではないので、意味があったかもしれませんが、次の夏のレースでもやってみようかと思います。

3時半過ぎには会場に着きました。天気は写真の通り、どんよりしていました。でもまだ雨は降っていません。このままもてばいいなと思いましたが…

IMG_1246

走る前に「うんこ」を出しておきたかったのですが、やはり私の腸は目覚めが悪く、全くうんこを催しません。トイレはすでに長蛇の列。なるようになるだろう、まさに「うん」まかせ。途中でしたくなったら、仕方ないのでトイレに駆け込む覚悟で、おしっこだけを済ませました。

30分近く前にスタートの列に並び、スタート時間を待ちましたが、スタート直前にポツポツと雨が降ってきました。

IMG_1249

そしていよいよスタートです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする