群発頭痛も糖質過剰摂取によるものかもしれない

群発頭痛は非常に激しい頭痛で、患者さんを苦しめます。原因ははっきりわかってないとされていますが、様々な仮説があります。しかし、どの仮説も糖質過剰摂取とは無縁の説ばかりです。しかし、薬にも反応しない群発頭痛が、ケトン食で大幅に改善してしまうという研究があります。

片頭痛は糖質制限でほとんどの方が消失または改善を認めます。私のペインクリニックの外来でも、片頭痛にはほとんど薬は使いません。10年以上片頭痛に悩まされてきた人でも、糖質制限を始めた次の日から、全く薬が必要なくなった方もいらっしゃいます。片頭痛もはっきりした原因はわからないのですが、仮説は神経や血管に原因を求めているのがほとんどです。

しかし、このような非常に強い頭痛が食事を変えるだけで改善してしまうのであれば、原因は食事にあると考えるのが妥当ではないでしょうか?

人によって、糖質に過剰に反応してしまい、それが片頭痛や群発頭痛を起こしてしまうのだと私は考えています。または、ケトン体にそれらの頭痛を軽減する作用があるのかもしれません。いずれにしても、頭痛に悩んでいる人は、まずは糖質制限をすべきでしょう。

今回の研究では、薬が効かない群発頭痛の患者、18人に3か月間ケトン食を摂ってもらいました。そうしたところ、なんと、15人が反応し、11人が症状が完全に消失してしまったのです。反応がなかった3人のうち一人は、最初の4週間で劇的に発作が減少したのですが、その後ケトン食を維持することができなかったようです。そうすると、18人中全く反応を示さなかったのはたった2人、11%です。薬も効かない患者の9割近い人が食事を変えただけで群発頭痛が完全に消失したり、大きく改善したりしたのです。

上の図は縦軸が発作の回数、横軸がベースラインとケトン食を摂取した月数を表しています。反応がない人も含めた平均のグラフなので、発作の回数が3か月でもまだ少なくないように見えますが、実際は60%以上の人は完全消失しています。(図は原文より)

今回の研究はケトン食での改善ですが、恐らくは糖質制限でも同じような結果が出ると考えます。頭痛に悩んでいる方は、糖質制限をやらない手はありません。どんな薬より劇的に改善する可能性があります。

「Efficacy of Modified Atkins Ketogenic Diet in Chronic Cluster Headache: An Open-Label, Single-Arm, Clinical Trial」

「慢性群発頭痛における修正アトキンスケトジェニック食の有効性:オープンラベル、単一群、臨床試験」(原文はここ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする