「低脂肪」はもう止めよう!

巷では未だに「低脂肪」をうたう食品が並び、「低脂肪」=「ヘルシー」と宣伝しています。しかし、脂肪そのものが悪者ではないことがわかった今となっては、この「低脂肪」製品をやめた方が良いのではないでしょうか?

「低脂肪」にするために他のものが追加されていることの方が多いだけではなく、「低脂肪」は実際に体にとって良いわけではありません。

例えば次の研究です。

「A prospective study of dairy foods intake and anovulatory infertility」

「乳製品摂取と無卵性不妊症の前向き研究」(原文はここ

質問での研究ですので、もちろん正確性についての議論はあると思います。18,555人の結婚している女性の食事を調査しました。そこで得られた結果は、1日に低脂肪乳製品を2食分以上摂取した女性は、週に1回未満しか食べなかった女性よりも排卵障害による不妊症の85%多かったのです。また、アイスクリームを含む高脂肪乳製品を1日1回以上食べた女性は、1週間に1回以下全脂肪乳製品を摂取した女性と比較して、排卵障害による不妊症リスクが27%低下していたのです。

糖質摂りすぎは問題ですが、脂肪たっぷりのアイスクリームを毎日1回食べることは妊娠したい女性にとっては良いのかもしれません。糖質たっぷりではなく、できる限り濃厚な本当のアイスクリームに限りますが。

妊娠には太るという意味ではなく、栄養素としての脂肪が必要です。全脂肪乳製品の脂溶性物質が卵巣機能の改善に関与している可能性があり、全脂肪乳製品を低脂肪に変換するとこの物質が除去されることを示唆しています。恐らくホルモンの状態にも影響していると考えられます。

「低脂肪」=「ヘルシー」という詐欺のような宣伝文句は禁止にしなければなりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする