「甘酒」は飲む点滴なんかではない 糖質たっぷり!

以前の記事「ヘルシーを連想させるドリンクも糖質がいっぱい!」で体に良いものと思われている飲み物でさえ糖質がいっぱい入っていることを書きましたが、その中に甘酒が入っていました。

誰が言い始めたか、「甘酒」は飲む点滴と言われています。実際には点滴にもさまざまな種類があるので、どの点滴を指して言っているのかわかりませんが、大した栄養成分の量ではありません。

ある缶入りの甘酒のホームページ上の栄養成分や、書かれていることを見ると次のようです。

原材料:砂糖、酒粕、米麹、食塩、酸味料

栄養成分[ 190g当り ]
熱量:122kcal
たんぱく質:1.52g
脂質:0g
炭水化物:28.69g
ナトリウム:138.7mg

  • 麹菌の発酵によりビタミン類を作りだす
  • 麹菌の発酵によりお米のデンプンをブドウ糖やオリゴ糖に変え、自然な甘みを作りだす
  • 日本酒を作る過程でできる酒粕は、麹菌と酵母菌のダブルの発酵パワーで栄養価がとても高い
  • たんぱく質や食物繊維、ビタミン、ミネラルなどの他にも、発酵によりできたペプチドやアミノ酸、麹菌と酵母菌由来のβ-グルカン、葉酸なども含まれている

まあ、ウソではありませんが、他のサイトからとった栄養成分を見ると同じ190g当たり次のようになります。

エネルギー 154kcal 、タンパク質 3.23g 、脂質 0.19g 、炭水化物 34.77g

【ビタミン】

ビタミンB1 0.02mg 、ビタミンB2 0.06mg 、ナイアシン 0.38mg 、ビタミンB6 0.04mg 、葉酸 15.2μg

【ミネラル】

ナトリウム 114mg 、カリウム 26.6mg 、カルシウム 5.7mg 、マグネシウム 9.5mg 、リン 39.9mg 、鉄 0.19mg 、亜鉛 0.57mg 、銅 0.1mg 、マンガン 0.32mg

【その他】

食物繊維  0.76g

ビタミンもミネラルも確かに入ってはいます。含まれている量は非常に少ないのです。それでいて糖質は30g前後と非常に高い飲み物です。こんな飲み物が健康に良いはずがありません。健康のために良いと宣伝されていますが、それはあくまで宣伝であって、真実は反対です。

ある高齢の女性の患者さんはその宣伝を信じてしまっていたのか、毎日2本飲んでいたようです。やめるようにアドバイスしましたが、マスコミなどの宣伝力は抜群ですね。

ビタミンB群を摂りたければ、豚肉100g食べた方が甘酒の何倍ものビタミンB群、ミネラル、アミノ酸が摂れます。

発酵食品なので、腸内細菌にとってはもしかしたら良いかもしれませんが、糖質がたっぷりなので、すべて帳消しになってしまうでしょう。

糖質が入っている飲み物で健康的なものはないと思ってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする