ラグビーの王者、オールブラックスも糖質制限!

オールブラックスと言えば、ラグビーの世界ではトップに立つニュージーランドのチームの愛称です。彼らはラグビーという非常に過酷なスポーツを行うために、非常に強靭な体を作り上げています。それを支えているのは食事です。

彼らは2015年にワールドカップで勝利する前に、コンディションコーチのNicholas Gillの勧めで、高炭水化物、低脂肪の食事を止めて、低炭水化物、健康的な脂肪の食事に変更しました。

食事から砂糖を取り除き、練習の際に飴をナッツと置き換え、毎週6〜7缶のココナッツオイルを摂取しているそうです。

スポーツの世界は、どんどん糖質制限が進んでいるようです。

「Low-carb diet inspired New Zealand to Rugby World Cup success」

「低炭水化物ダイエットはニュージーランドを鼓舞してラグビーワールドカップの成功をもたらした」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ゆうこ より:

    記事では、tinsとなっているので、「6,7缶」ということだと思います。

    • Dr.Shimizu より:

      ゆうこさん、ご指摘ありがとうございます。
      確かに「トン」は多すぎですよね。
      間違いでした。訂正しておきます。