タバコはたった1日1本でもかなりの高リスク!

喫煙者の中で、健康のためにタバコの本数を減らすという方がいます。しかし、それではあまり意味がないようです。

20本と1本のリスクの違いは、20分の1にはなりません。ほぼ半分にしかならないのです。

下の図は上の左が心血管疾患、上の右が脳卒中で、それぞれ男性、女性、両方の群で1日1本と5本を吸っている人の、1日に20本吸っている場合に対するリスクの割合を示しています。下の2つは心血管疾患の年齢別で、同じように1日1本と5本を吸っている人の、1日に20本吸っている場合に対するリスクの割合を示しています。(図は原文より)

これを見ると、ほとんど20本の喫煙に対するリスクの割合が50%前後だということがわかります。ただ、男性と女性を分けてみると、男性はわずかに年齢とともにリスクが低下し、逆に女性は明らかに年齢とともにリスクが高くなっているように見えます。これは恐らく閉経(女性ホルモン)との関連があるのかもしれません。

いずれにせよ、減らすのはほとんど意味がなく、吸うか止めるか、ですね。「1日2~3本程度しかタバコを吸わないから、全く問題ないよ!」と言う人は残念でした。

「Low cigarette consumption and risk of coronary heart disease and stroke: meta-analysis of 141 cohort studies in 55 study reports」

「低いタバコの消費と冠状動脈性心疾患と脳卒中のリスク:55件の研究報告の141件のコホート研究のメタアナリシス」(原文はここ

要約

目的:タバコ消費と心血管疾患との関係を用いて、少ない喫煙(1~5本/日)の冠状動脈性心疾患および脳卒中のリスクを定量化する。

デザイン:体系的レビューとメタ分析。

結果:メタアナリシスには、141のコホート研究を含む55の出版物が含まれていた。男性では、冠状動脈性心疾患のプールされた相対リスクは、すべての研究を用いて1日あたり1本のタバコを喫煙すると1.48、1日に20本のタバコを2.04としたが、複数の要因に対して相対リスクが調整された研究では1.74および2.27であった。女性では、プールされた相対リスクは1日あたり1.57と2.84であり、複数の要因に対して相対リスクを調整された研究では2.19と3.95であった。男性では、1日に1本のタバコを吸った人は、1日20本のタバコを吸うという超過相対的リスクの46%(複数の要因に対して相対リスクを調整した場合は53%)、女性では超過相対的リスクの31%(複数の要因に対して相対リスクを調整した場合は38%)であった。脳卒中では、男性のプールされた相対リスクは1日1本と1日20本ではそれぞれ、1.25と1.64(複数の要因に対して相対リスクを調整した場合は1.30および1.56)であった。女性では、1日に1本または20本のタバコを喫煙した場合のプールされた相対的リスクは1.31および2.16(複数の要因に対して相対リスクを調整した場合は1.46および2.42)であった。1日あたり1本のタバコに関連する脳卒中の超過リスクは、(1日20本のタバコのリスクに対して)男性で41%、女性で34%(複数の要因に対して相対リスクを調整した場合は64%および36%)であった。相対リスクは一般に男性より女性の方が高かった。

結論:1日にたった約1本のタバコだけでも、冠状動脈性心疾患および脳卒中が予想よりも大きく発症する危険性があり、1日20回喫煙する人々の約半分である。心血管疾患には安全な喫煙レベルはない。喫煙者は、これらの2つの共通の主要な障害のリスクを有意に減少させるためには本数を減らすのではなく、終了することを目指すべきである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする