糖質制限はもはや当たり前? キャベツライス!

もはや糖質制限は世の中で完全に認知され、その広がりを感じます。糖質を制限するのは当たり前になってきているのではないでしょうか?この流れについてこれないのは、古い考えから抜けられない医師と古典栄養学を信じている栄養士だけかもしれません。

こんな商品があるのですね?知りませんでした。(記事はここ

「キャベツライス」流行の兆し ご飯の代わりに「芯」代用、糖質大幅カット

2018/11/ 8  JCASTトレンドより

キユーピー子会社のサラダクラブ(東京都調布市)が2018年10月31日に発売した「キャベツライス」が、SNS上で話題となっている。

見た目は白米そのものだが、実はキャベツの芯を使っている。

ダイエットの新定番に?
健康志向の高まりから炭水化物に含まれる糖質を抑えた食品の人気が高まる中、米の代用として考えられたのが「キャベツライス」。キャベツの芯を米粒状にカットしてある。

そのまま食べるのも良し、加熱してチャーハンやオムライスの米代わりに使うも良しだ。同社の発表資料によれば、ご飯と比べて糖質が約16分の1、カロリーが8分の1だという。

ツイッターでは、「キャベツライスダイエットしたい」「減量の時に食べよう」と好意的な声が相次いでいる。

価格は「キャベツライス」が100円、カレーのルウがついた「キャベツライスdeカレー」は276円(いずれも税抜)。同社は「野菜の主食化」を提唱しており、野菜を麺状にカットし、うどんやラーメン、パスタの麺代わりとなる「ベジタブル麺 にんじん」(198円)、「同 だいこん」(198円)、(「同 ケール」(298円)も10月31日に発売した。

さて、実際の商品の写真はサラダクラブのホームページからお借りしました。(サラダクラブのホームページはこちら

見た目はお米みたいですが、キャベツの芯です。地域限定だそうですが、どうやら販売は関東・中部・関西・中四国・九州のようです。北海道ではまだ売っていません。1袋130gで糖質は3.0g!

でも食感はお米とは違うのでしょうね?ただの野菜かもしれません。まだ食べていないのでわかりません。

「キャベツライス」に中辛のカレーソースが添付された「キャベツライスdeカレー」はキャベツライス100g、カレーソース100gで糖質11.9g! 普通のカレーライスよりかなり量は少なめですが、普通のカレーライスの1人前で糖質量は100gを超えるので、かなり糖質制限になっています。

他にも野菜を麺のように細く切った「ベジタブル麺」がありますが、これはただの野菜の千切りにしか見えません。

まあ、ただのサラダでしょ?と言われればそうですが、確実に世の中の流れが糖質制限に傾いていて、それに合わせた商品であることは間違いありません。

以前の記事「農林水産省の無理矢理なキャンペーンが笑えない 税金を使って国民を不健康へ導く」で書いたように、農林水産省は国民をミスリードしようとしています。国もこのような企業を見習って、野菜を上手くアピールすれば良いのではないでしょうか?米農家は助けられませんが、健康のためであれば仕方がありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ボブボブ より:

    ボブボブといいます。(前は違う名前だったかな?)
    早速試してみようと発売元に問い合わせたところ、なんと、地元の埼玉ではまだ販売されておらず、関東では都内で1店のみ、神奈川で数店舗だそうで、まだ、手に入れるのは困難です。残念。単身赴任先の静岡県でも、まだ販売していないそうです。こうなると早く試したい。スーパーのバイヤーさんにとっては、売れそうには思えないのでしょうか?

    • Dr.Shimizu より:

      ボブボブさん、コメントありがとうございます。

      そうなんですね。私も一度は食べてみたいと思います。
      北海道ではまだまだでしょう。

  2. ボブボブ より:

    ボブボブです。昨日、ようやく、東京都多摩市桜ヶ丘の京王ストアまで出掛けて、キャベツライスとキャベツライスdeカレーを入手し、まず、キャベツライスを試してみました。ラップして電子レンジ500Wで4分。食感はパラパラチャーハンですね。味はもちろんキャベツの芯です笑。そのままだと私にはちょっと臭いが気になりましたが、ガーリックソルトを振りかけると中々良い感じになりました。今日はキャベツライスdeカレーを試す予定ですが、私自身はもうずっとスーパー糖質制限で穀物を食べない生活を続けており、カレーも小麦粉を使わないインドカレーのソースだけをおいしく食べているので、キャベツライスは不要ですね。ただ、興味があったので試してみました。
    まとめ:普通の白米を炊いたご飯の代用にはなりません。ぱらぱら感がチャーハンやカレー向きで味はもちろんキャベツです。

    • Dr.Shimizu より:

      ボブボブさん、コメントありがとうございます。

      やはり、ただのキャベツですか。
      興味はありますが、あまり期待はできませんね。

  3. ゴロンタ より:

    シミズ先生ご無沙汰しております。
    キャベツではありませんが、イオンでも同様の米代用食品(冷凍)が出ましたね。
    すでに近所のイオンで売ってました。
    (売れないと三ヶ月後ぐらいには無くなっちゃうんでしょうね、きっと)

    「11/21 トップバリュ お米のかわりに食べるカリフラワー/ブロッコリー 新発売」
    https://www.aeon.info/wp-content/uploads/news/pdf/2018/11/181113R_2.pdf

    • Dr.Shimizu より:

      ゴロンタさん、コメントありがとうございます。

      どれもやはり味は野菜味ですよね。
      でも、このような企業の動きは良い方向に向かっている証拠だと思います。