世界中で起きている子宮頸がん発生率の異様な推移

以前の記事「日本の子宮頸がんはなぜ2000年を境に上昇を始めたのであろう?」では日本の子宮頸がんが2000年を境に急に増加し始めていることを書きました。そして、その増加の中心になっているのは比較的若い世代であり、高齢者では逆に減少しています。

では世界ではどのようになっているのでしょうか?

欧米では日本よりも子宮頸がんワクチンの接種が少し早く始まり、しかも国によっては非常に接種率が高い国もあります。

しかし、この記事を読むと世界中で異様な発生率の推移が起きていることがわかります。(原文の記事はここ)この記事が本当なら奇妙です。

ワクチン接種が始まる前の1989年と2007年の子宮頸がんの発生率は以下の様でした。

イギリス 13.5→9.4

オーストラリア 13.5→7

スウェーデン 11.6→10.2

ノルウェー 15.1→11

アメリカ 10.7→ 6.67

フランス 11→ 7.1

つまり、上の国全てで2007年までは子宮頸がんは減少していたのです。

オーストラリアではほぼ半減していたのです。その傾向が続けば、もちろんさらに減少するはずですし、オーストラリアは2007年に子宮頸がんワクチンの定期予防接種を最初に行った国でした。(2007年4月、12〜13歳の女性、2007年7月の期間限定キャッチアッププログラム、14〜26歳の女性を対象)

だから、2014年にはさらに減少していると思われました。しかし、2014年の発生率は7.4と微増していました。

さらに、予防接種対象年齢を見てみると、15歳から19歳では2007年0.1→2014年0.2と2倍になりました。(2倍と言っても非常に数がわずかなので統計的な意味があるかどうかはわかりません)

しかし、13歳から17歳のときにキャッチアッププログラムにより80%以上が予防接種を受けた20~24歳のグループでは、2007年0.7→2014年1.5と、これまた2倍以上に増加していました。つまり、ワクチンの効果が得られないばかりか、逆にワクチンによって子宮頸がんに罹患しやすくなったようにも見えてしまいます。これも数が非常に少ないので統計的に有意ではないでしょう。

25~29際のグループでは5.9 →8、30~34歳のグループでは9.9→12.4とやはり増加率は少ないものの増加しています。これらのグループは恐らく自費で接種することになるので、予防接種している人は少ないかもしれません。しかし、ある程度の数はいるかもしれません。

そして、55歳以上の全ての世代では子宮頸がんが減少しているのです。

イギリスでも同じようなことが起きています。2007年までは減少してきた発生率は2015年に9.6と微増しました。そして14~18歳のときに85%以上がワクチンを接種した20~25歳のグループでは2012年で2.7→2014年で4.6とわずか2年でかなり増加しました。

さらにワクチンキャンペーンのときに18~23歳であった、25~30歳の グループでは、2007年で11→2015年で22と倍増しています。その間65歳以上の子宮頸がん発生率はやはり減少していました。

スウェーデンやノルウェーでも全く同じような推移が起きているのです。アメリカでも他の国ほどではありませんが同じような傾向が認められています。

非常に異様です。奇妙です。何が起きているのでしょうか?

しかし、フランスだけは違います。子宮頸がんの発生率は1995年の15から2007年で7.5、2012年で6.7、そして2017年で6、と着実に減少し続けているのです。他の国との違いは、ワクチンの予防接種率が約15%と低いそうです。

ただ、ワクチンによって子宮頸がんの発生率が増加していると考えるのは早計だと思います。以前の記事の日本の状況も同じような推移を辿っているからです。しかし、日本の分岐点は2000年です。他の国よりも少し早くから増加に向かっています。ワクチンとは関連していません。つまり、これはワクチンとは別の要素によるものだと思います。

世界中で起きている推移の変化なので、ウォッシュレット説もどうやら違いそうです。TOTOさん、申し訳ありませんでした。

世界中で2000年~2007年ごろにまでは減少し続けていた子宮頸がんの発生率がなぜか増加に転じています。しかも、50~60歳以降の世代では減少し続けているのに、若い世代だけが大きく増加しているのです。ワクチンを接種している国でも増加しています。フランスを除いて。(またワイン?若い世代の話なので違うでしょう。)

しかし、本当に異様です。何が起きているのかわかりませんが、一つ言えることは、「ワクチンは効いていない」、ということです。ワクチンそのものが子宮頸がんの発生を増加させていないとはいっても、実際にはワクチン接種世代で発生率は増加しているので、ワクチンが効果がないことは明白です。本当にウイルスが原因なのでしょうか?

ワクチンを接種したのに子宮頸がんになった人ではHPVは見つかっていないのでしょうか?ウイルスが見つからないのに子宮頸がんになったのならウイルスが原因ではないでしょう。同年代の子宮頸がんになっていない人はHPVがほとんどゼロなのでしょうか?子宮頸がんになった人となっていない人では本当にHPV陽性率が差があるのでしょうか?

でも、本当に何が世界中の子宮頸がんの発症率を増加させているのでしょうか?やはり食事?それとも、小さい頃に時限爆弾を仕掛けられた?

何か背筋が寒くなってきました。何か怖い感じがするのは私だけでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする