本当に新型コロナウイルスは危険なんだろうか?

日本は中国と韓国からの入国を制限することとなりました。今更感が非常に強いですね。

下の表は2020年3月7日13時現在でのEUの感染者と死亡者数です。

感染者死亡者
オーストリア660
ベルギー1090
ブルガリア00
クロアチア110
キプロス00
チェコ190
デンマーク230
エストニア100
フィンランド150
フランス6539
ドイツ6700
ギリシャ450
ハンガリー40
アイルランド180
イタリア4639197
ラトビア10
リトアニア10
ルクセンブルク30
マルタ00
オランダ1281
ポーランド50
ポルトガル130
ルーマニア90
スロバキア10
スロベニア80
スペイン4028
スウェーデン1370
欧州連合27か国6,990215
スイス2141
イギリス1642
ノルウェー1270
中国80,6513,070
 武漢のある湖北省67,6662,900人以上

EUの人口はおよそ4億4千万人です。中国の人口は約14億人ですが、湖北省5,900万人です。その人口で6万人以上の感染者、2,900人以上の死者を出したのはひどい状況ですが、その湖北省を除くと、中国では13.4億人で1万3千人の感染者、100人程度の死者です。そう考えるとEUの状態は湖北省を除いた中国よりもひどい状況にあると考えられます。

だから、感染者が急激に増加している韓国はまだわかりますが、中国を今、入国制限しても何も変わりませんし、それであればヨーロッパ、特にイタリアからの入国を制限すべきでしょう。判断が政治的すぎて、根拠がわかりません。

いまだに世界に広がり続ける新型コロナウイルスですが、なんだか疲れてきました。専門家の話も毎日一緒です。何も参考になりません。最近このウイルスは本当に危険なんだろうかと感じています。こんな世界で騒ぎになっていますが、言葉は悪いですが、中国の死者はたった3,000人です。

先日、アメリカのシンクタンクからびっくりする報告書が出ました。(記事はここ

「新型コロナウイルスで死亡する日本人は最悪のシナリオでは57万人。世界では、最悪6800万人が死亡」というものです。「最善のシナリオでも12万7000人」だそうです。中国では、最善のシナリオで279万4000人とあるので、中国は現在かなり減少傾向にあるというのに、これから279万人も死者が出るというのでしょうか?なんか馬鹿げた報告書ですね。

では、毎年日本ではどれほどの人が肺炎で亡くなっているのでしょうか?平成30年のデータでは、死因の6.9%が肺炎です。肺炎の死亡率は人口10万人当たりで76.2人で、死亡数は94,654人です。10万人を超える年もあります。

今回のコロナウイルスの年齢別の死亡率では10代~30代の致死率は0.2%、40代の致死率は0.4%、50代は1.3%、60代は3.6%、70代の致死率は8%、80歳以上は14.8%、全体で2.3%と報告されています。(ここ参照)

では通常の肺炎の場合はどうでしょうか?日本人の市中肺炎について調べた研究では、原因と考えられる微生物、起炎微生物の検出率は39~47%であり、6割近くは原因不明です。わかった人で、ウイルス感染は54歳以下では4.9%、75歳以上で8.6%、85歳以上で9.5%でした。入院中の死亡率は54歳以下で0.3%、55~64歳で4.2%、65~74歳で6.1%、75~84歳で9.9%、85歳以上で18.6%でした。新型コロナウイルスの死亡率と非常に似ています。つまり、どんなウイルスでも高齢者ほど死亡率が高いなんてことは当たり前で、新型コロナに限ったことではありません。そして、肺炎まで呈しているのであれば、なおさら高齢者は亡くなる確率が高くなるのは当然です。

市中感染肺炎のPCR検査を行った研究のメタアナリシスでは、肺炎患者の24.5%でウイルス感染(PCR陽性)を認めました。50%以上の下気道(声門よりも奥の気道。)のサンプルを取った研究では44.2%でウイルスが陽性でした。細菌とウイルスの二重感染症の患者では、死亡の確率が2.1倍高い結果でした。ウイルス別ではインフルエンザは8%、ライノウイルス5.7%、RSウイルス2.2%、コロナウイルス3.3%でした。PCR検査の精度を考えると相当な割合で肺炎患者のウイルス感染は存在し、これまでの新型ではないコロナウイルスもかなりの割合でいることになります。肺炎患者を90,000人として、そのうちコロナウイルスが3.3%だとすると、2,970人です。PCR検査の精度を考えるとその2倍程度は感染者がいると考えると、およそ6,000人前後が毎年新型ではないコロナウイルス感染で肺炎になり死亡している可能性があるのです。現在日本の新型コロナの死者はクルーズ船を除けば6人です。通常の風邪ウイルスと考えて問題ないレベルでしょう。

これまで、こんなに風邪のウイルスをみんなで追跡したことはありません。風邪のウイルスで何人死んでいるか、死亡の原因ウイルスはなんであるか、なんてことほとんど調べられていません。

ウイルスは不思議なのもので、最初は毒性が強くても感染した人が死んでしまってはウイルス自身が増えることができなくなるので、段々弱毒化するようです。ウイルスに意思があるわけではないのに。新型インフルエンザが流行した時に世界で大騒ぎになったのに、次の年から通常のインフルエンザと同じ扱いです。

スペイン風邪は感染者5億人、死者5,000万~1億人と、爆発的に流行しました。全人類の3割程度が感染したと考えられるのです。その時代と現代では衛生状態、医療レベルなど大きく異なります。未知のウイルスなので怖がることはわかりますが、なんか新型コロナウイルスがあまりにも特別なウイルスだと思いすぎている気がしてなりません。

もちろん、新しいウイルスなので免疫を誰も持っていない分、感染する人は多くなりますが、いつもの冬にちょっと風邪が流行する年もあります。どこかで風邪を貰ってきてしまい、その後様々な人に広げることも珍しくありません。家族内での「集団感染」も普通のことです。「クラスター」などという言葉を持ち出さなくても、いつもの風邪と何ら変わらない感染拡大です。「クラスター」という言葉が独り歩きをしていますが、普通の感染様式ではないでしょうか?

怖がりすぎるのはもうやめましょう。経済活動も少し元に戻しましょう。いつもの年よりは風邪をひかないように、感染を広げないように、みんなが気を付ければそれで良いのではないでしょうか?考えが甘いかな?

そして、様々な産業を日本に戻しましょう。このような状況になるとどの国も自分の国第一です。トランプ大統領はもしかしたら一部は正しかったかもしれません。アメリカ国内を第一に、国内産業を優遇し、他の国頼らないようにしたことです。日本もグローバル化だけに頼ってしまっては、このような状況では経済が成り立たなくなっています。コストだけを求めて、安い国で様々なモノを作っても、いざという時にはモノの供給がストップしてしまいます。

日本でモノを作り、日本で消費する。そうすれば雇用も増加します。そのベースがあって、他国のモノを受け入れ、他国にモノを輸出することが重要だと思います。このパンデミックを教訓に世界中の国が、自国の産業をもっと重要視するように変化するのではないでしょうか?日本は変わらないかな?

日本にも感染対策のためにアメリカのCDCのようなものを作るべきだ、という人がいますが、どうせ日本ではまともな組織にならないような気がしてなりません。そして、アメリカも他の国での感染拡大が起きていて十分な準備時間があったにも関わらず、アメリカではPCR検査の十分な準備が整わず、感染者も300人を超え、死亡者も日に日に増加しています。アメリカのCDCもいざとなると大したことはないのでしょう。他の国でも対策は同じようなもので、封じ込めに成功している国の方が少ないように思えます。

「Viral infection in community-acquired pneumonia: a systematic review and meta-analysis」

「市中感染肺炎におけるウイルス感染:系統的レビューとメタ分析」(原文はここ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ジン より:

    本当にそう思います。これまでのウイルスとの戦いを冷静になって考えればよいのですが、なんかヒステリックになってますよね。なんでもかんでも自粛・中止は止めるべきと考えます。
    トランプは基本的に嫌いですが、ズボラというか、経済重視という面から単純に考えているだけなのか、政策のごく一部は賛成できるところもあります。アベちゃんは本当にすべてがダメ。

  2. おおましこ より:

    いつも貴重な示唆を書いていただいて 感謝しております。わたくしも ドクターと同感で こんなに大騒ぎする必要はないとは考えるのですが おそらく インフルエンザと異なり ワクチンがない 対処療法の薬がない(これは普通の風邪も同じですね)ということで 多くの人が不安になっているのではなかと思います。それと あまりにも それが原因で死亡したという 志望者数を取り上げていることも一因でしょう。これを 毎年 マスコミが 表のような形で いわゆる風邪をこじらせた肺炎での死者は何人 インフルエンザによる死者は何人というように特集記事を組めば それほど怖がる必要がないことがわかると思うのですが。それ以上に大切なのは わたくしもドクターと同じく考えである 「糖質過剰」症候群で 免疫力を低下させたりしないことだと考えます。先日も どこかのテレビで「バナナが免疫力を高める」という放送をしたらしいですが それが間違っているかどうかは別問題としてお バナナをたくさん食べたときの反作用(糖質過剰)の危険性のほうがはるかに高いのを知らないということが怖いと思いました。毎回 詳細なデータを見つけるのは大変だと思いますし それをネットという無償で公開してくださること 本当に「有難い」ことです。ありがとうございます。

  3. 鈴木武彦 より:

    スウィーツ大好きな若い方から、野菜ジュース・果物・穀類・芋類などの“健康的な”食事を心がけている高齢者まで、糖質過剰摂取状態の日本。
    心身共に免疫力が減弱してちょっとしたことでも過剰に反応してしまい、炎上しやすSNSや今回のコロナ騒動をもたらしているのではないでしょうか。
    偉そうには言えませんが、糖質制限して冷静になって欲しいです。

    • Dr.Shimizu より:

      鈴木武彦さん、コメントありがとうございます。

      ひょっとしたらSNSもマスコミも一斉に新型コロナウイルスについて何も言わなくなったら、収束するかもしれないですね?
      国が冷静ではないような感じですから、国民が冷静になるのは難しいでしょう。

  4. おおたき より:

    おっしゃるとおりですね。
    経済活動がストップし、景気が低迷すれば、それが大変なストレスになっていきます。
    喫煙者は喫煙本数が増えるかもしれません。しかし↓によると、タバコがリスク要因としてかなり高いことが示唆されています。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20200302-00165682/

    政府は「先手、先手でやっている」というなら、なぜタバコのリスクに言及しないのでしょう?たばこ税2兆円の税収が下がるから?

    • Dr.Shimizu より:

      おおたきさん、コメントありがとうございます。

      男性に感染者が多いことと喫煙者が多いことが関連しているかどうかはわかりません。もちろん喫煙所は狭い場所なのでそれなりのリスクはあると思いますが、
      通常は煙を吸い込むために通常よりも換気がしっかりされているのではないでしょうか?場所によりけりでしょう。
      タバコはもともと有害なものなので、今更リスクに言及する必要はないでしょう。
      クラスタークラスターとマスコミなどは言っていますが、クラスターという言葉を利用して、わかりやすいところばかり調査しているだけであって、感染経路なんてわからない感染がいっぱい起きています。
      わかっているだけで3割がクラスターだと報道されていますが、逆に言えば7割もの感染者はどこで感染したのかよくわかりません。
      何でもかんでも調べれば韓国やイタリアのようにたくさんの感染者が見つかるだけで、下手をすると医療崩壊を招きます。国の説明の仕方が悪いと思います。

  5. 駐在君 より:

    >怖がりすぎるのはもうやめましょう。経済活動も少し元に戻しましょう。

    その通りと思います。いろいろなデータを再確認しましたが、少なくとも慢性疾患を持つ高齢者以外の人にとっては、新型コロナウイルスは普通の風邪ですね。今日どこで誰が風邪をひいたとか、わざわざ毎日ニュースにする必要があるんでしょうか?
    下記リンク先のOutcome of Cases (Recovery or Death)を見ても、感染してもほとんどが完治しますし、致死率もデータが増えればどんどん下がってます。
    https://www.worldometers.info/coronavirus/coronavirus-cases/#recovered

    検査数が突出して多い韓国では現在でも0.7%ですし、軽症、無症状者が多くいることを考えれば、最終的にはインフルエンザと変わらない0.1%くらいに下がるかもしれません。
    また100人以上の感染者が出てるシンガポールのケース(数が多いのは検地能力が高いからですが。)を見て気温は関係ないと言う人がいますが、少なくとも重症化率とは関係ありそうです。シンガポール、タイ、マレーシア、オーストラリアなど気温の高い地域では感染者は出ても重症化して死んでいる人は居ませんし、ほとんどが軽症で完治してます。韓国、イラン、イタリア、日本も気温が平均で20度を超えてくれば重症化率はぐっと下がる可能性が高いと思います。少なくとも慢性疾患のある高齢者は新型コロナウイルスを恐れるより風邪やインフルエンザで合併症を起こして死ぬ確率のほうがデータ上では500倍以上大きいわけですが、なぜかゲノム配列が新型というだけの普通の風邪のために学校教育や経済全体を犠牲にしています。こういう事を言うと木村太郎さんみたいな人が「国民全体の(経済)利益のために年寄りが感冒して死んじゃうっていうのは… この姥捨て山議論だけは許すことが出来ない」とキレられるかも知れませんが、そうではなく重症化する方を集中的に治療し助ける為にこそ社会全体が冷静になる事が大事だと思います。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200306-00000202-spnannex-ent
    もちろん将来、ある日突然コロナウイルスが変異して強毒型になるかは誰にもわかりませんが、このまま経済を止め、コロナウイルス不況が悪化した場合、自殺大国の日本では失業率が1%上がるたびに自殺者が3000人規模で増えるだろう事は統計上で解っています。

    • Dr.Shimizu より:

      駐在君さん、コメントありがとうございます。

      私の意見は長くなりそうなので、記事にさせていただきます。