フリースタイルリブレを使った人体実験その9 小ネタ集1(間食とファストフード)

フリースタイルリブレの装着期間14日が終わりました。そこで得られたちょっとしたデータをお示しします。

まずは、間食。

チョコレートをちょこっと食べました。食べたのは

カレ・ド・ショコラ<カカオ88>を2枚です。

栄養成分[ 1枚(標準4.8g)当り ]
熱量:27kcal:
たんぱく質:0.5g:
脂質:2.2g:
糖質:1.0g:
食物繊維:0.77g:
ナトリウム:1.2mg:栄養成分表に
カカオポリフェノール:1枚当り 160mg

というチョコレートなので、2枚食べても糖質は2gです。

(クリックで拡大)

グルコース値(血糖値)の最大値は109で7の上昇でしかありません。誤差範囲とも言えますが、全く影響ないレベルですね。

次に、ナッツを一握り分ぐらい食べました。

(クリックで拡大)

グルコース値(血糖値)の最大値は108で12の上昇です。やや糖質を含みますので、若干の上昇はあると思っていましたが、一握り分であれば全く問題ありません。

次に、ファストフードに挑戦しました。ファストフードのほとんどは糖質の塊なので、なかなか食べられませんが、モスバーガーはバンズの代わりにレタスでハンバーガーを挟んだ、「菜摘」シリーズを出しています。それぞれの炭水化物、糖質量は次のようです。

炭水化物食物繊維糖質量
モスの菜摘モス野菜11.51.99.6
モスの菜摘テリヤキチキン7.70.77.0
モスの菜摘フィッシュ13.01.012.0
モスの菜摘海老カツ19.81.318.5
モスの菜摘ロースカツ22.21.820.4
モスの菜摘チキン15.21.413.8
モスの菜摘ソイモス野菜16.93.213.7

とりあえず、糖質10g以下を目指して、菜摘モス野菜1つとアイスコーヒー(ブラック)Mサイズを注文しました。

(画像はモスバーガー公式ホームページより)

その結果は

(クリックで拡大)

グルコース値(血糖値)の最大値は55分後に130になり、38の上昇です。2時間後には戻っています。本当に糖質量が10g以下であるかは非常に怪しいですが、十分食べられる範囲です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする