あまくない砂糖の話、是非見てみたい映画です。

砂糖の危険性を自ら人体実験をする映画「あまくない砂糖の話」→公式サイトはこちら

1日スプーン40杯の砂糖を60日間摂取し続けるとどうなるかという実験をしたドキュメンタリー映画です。しかも、60日間のルールは、清涼飲料水、菓子類、チョコレートなどは食べずに、低脂肪ヨーグルト、穀物バー、フルーツジュースといった一般的には健康的とされているが、実は大量の砂糖を含んでいる食品群を食べ続けること。スプーン40杯というのは現代人が1日に摂取している砂糖の量ですが、もちろん個人差も相当あります。ただ、甘いもの好きの人はそれ以上に食べているかもしれません。砂糖スプーン1杯は4~5g程度。40杯なら160~200gになります。

例えばスポーツドリンクで代表的な「ポカリスエット」500mlは31gの砂糖を含んでいます。「明治ブルガリアヨーグルトLB81 低糖 180g」は17.5gの砂糖を含んでいます。「カゴメ 朝のフルーツこれ一本」200mlは23.2gの砂糖を含んでいます。これにスイーツなんかを含めたら食事を合わせて簡単に1日スプーン40杯は行きそうですね。

3月19日から公開されてい都市もありますが、私の住む町ではまだです。是非見てみたい映画です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする