マラソンの圧縮タイツ(着圧タイツ)は効果なし?

わかってはいましたが、オハイオ州立大学はランナーにとどめを刺しました。多くのランナーが履いている圧縮タイツ(着圧タイツ)は、助けにはあまりならないようです。

以下はオハイオ州立大学のウェクスナーメディカルセンターのホームページの記事から転記しています。

Study Reveals Compression Tights Don’t Help Runners Reach Finish Line

COLUMBUS, Ohio – Despite the fact that distance runners swear by them, a new study from The Ohio State University Wexner Medical Center finds compression tights don’t help runners go farther or faster.
The study, presented at the American College of Sports Medicine’s (ACSM) annual meeting, shows that although compression tights greatly reduce muscle vibration, they don’t reduce muscle fatigue when compared to running without the tights.
“When your muscle vibrates, it induces a contraction that uses energy, so the theory was that less muscle vibration would translate to less fatigue,” said Ajit Chaudhari, who led the study and is an associate professor of physical therapy, orthopedics, mechanical engineering and biomedical engineering. “However, the reduced vibration was not associated with any reduction in fatigue at all. In our study, runners performed the same with and without compression tights.”
Study participants ran on a treadmill for 30 minutes at 80 percent of their maximum speed on two different days, once with compression tights and once without them. Motion capture technology tracked each runner’s body position within a fraction of a millimeter. Participants’ leg strength and jump height were tested before and after each run.
“We have a specialized treadmill with force sensors embedded in it that measures how hard a runner’s foot is landing, how they’re able to push off and how that changes over time,” Chaudhari said. “The runners also wore a heart rate monitor so we could measure their exertion throughout the run.”
One reason for trying to slow fatigue with compression tights, aside from running faster for longer, is the theory that fatigued runners alter their form and put more strain on their joints, which may increase overuse injury risk. However, further research showed that experienced runners had no more strain on their joints at the end of a training run than at the beginning. 
Although the results showed that the compression tights did not reduce fatigue in runners, Chaudhari says there may be other benefits. If runners feel better while wearing compression tights, that’s enough to keep using them.
“There is nothing in this study that shows it’s bad to wear compression tights,” he said. “Every little bit of perception counts when running long distances, so they may help runners in ways we aren’t able to measure.”
Additional research will focus on other aspects of compression tights and the possible benefits to runners in regards to performance and workout recovery.
This study was supported by a research grant from Nike, Inc.

「圧縮タイツはランナーがフィニッシュラインに到達することを助けない、ことが研究で明らかに」

オハイオ州オレゴン州立大学の新しい研究では、長距離ランナーが圧縮タイツに信頼を寄せているという事実にも関わらず、圧縮タイツはランナーがより遠くへより速く走っていくことの助けにはならないことを明らかにしました。
米国スポーツ医学会(ACSM)年次会議で発表されたこの研究は、圧縮タイツは筋肉の振動を大幅に減少させますが、タイツなしで走ることと比較して筋肉の疲労を軽減させないことを示しました。
同研究を率いていた、物理療法、整形外科、機械工学、バイオメディカルエンジニアリングの准教授Ajit Chaudhariは次のように言いました。
「あなたの筋肉が振動すると、エネルギーを使用する収縮が誘発されるため、筋肉の振動が少なくすることが疲労を軽減するという理論がありました。」「しかし、振動の減少は、疲労の減少とは全く関連していませんでした。私たちの研究では、圧縮タイツの有無にかかわらずランナーのパフォーマンスは同じでした。」
この研究の参加者は、別々の日に、圧縮タイツありで1回、無しで1回、最高速度の80%で30分間トレッドミルで走りました。モーションキャプチャ技術は、各ランナーの体の位置を数ミリメートル以内で追跡しました。参加者の脚の強さとジャンプの高さを各走行の前後で測定しました。
「我々は、ランナーの足がどんなに激しく着地しているか、彼らがどのように突き進むことができ、どのように時間の経過とともに変化するかを測定する、力センサーを埋め込んだ特殊なトレッドミルを持っています」とChaudhariは言います。「ランナーも心拍数モニターを装着していたので、走行中の彼らの努力を測定することができました。」
圧縮タイツで疲労するのを遅くしようとする理由の1つは、より長くより速く走るのは別として、ランナーが疲れてくると走るフォームが変わり、関節が歪み、オーバーユースによる怪我リスクを高めるかもしれない、という理論です。しかし、さらなる調査によると、熟練した走者はトレーニングの終了時には最初よりも関節に負担がかからないことが示されました。
結果は、圧縮タイツがランナーの疲労を軽減しないことを示したが、Chaudhariは他の利点があるかもしれないと述べています。もしランナーが圧縮タイツを着用しているときに気分が良くなるなら、使い続けるだけの十分な利点です。 
「この研究では、圧縮タイツを着用することが悪いことを示すものは何もありません。」と彼は述べました。「長距離を走っているときには少しでも知覚が重要なので、測定できない方法で走者を助けるかもしれません。」
さらなる研究では、圧縮タイツの他の側面と、パフォーマンスと運動後の回復に関するランナーにとって可能性のある利点に焦点を当てます。 
この研究は、Nike、Incの研究助成金によってサポートされました。
最後の一文で、Nikeの助成で行われているにも関わらず、圧縮タイツの利点がないという結論であることは、ある意味以外です。しかし、ちゃんと最後の方でフォローしているので、Nikeを配慮したのでしょう。
以前からタイツの効果には疑問を抱いていましたが、なんとなく使っていました。もう新しいものは買わないつもりではいます。でも、買っちゃうかも…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする