プラセボ(偽薬)だとわかっていても痛みは減らせる

プラセボ(偽薬)効果は「プラセボ(偽薬)の投与によってみられる治癒効果。薬物そのものの効能ではなく、投薬された安心感や医師への信頼などの心理作用によって症状が改善する状態をいう。」(デジタル大辞泉より)

これまでプラセボ効果は、患者が薬理的に活性のある薬を飲んでいると信じていることに基づくものと思っていました。しかし、今回の研究では、慢性腰痛の患者が薬理的に効果のないものとわかっていながら偽薬を飲むと、効果が出ることがわかったのです。

これは何を意味するのでしょうか?プラセボ効果は飲んでいる薬には効果があると期待してその心理作用で効果をもたらすわけではなく、それまでの患者の「薬を飲むと症状を緩和する」という経験が何度もあり、その薬を飲むという行為自体で脳に何らかの反応が起こると考えられます。そうすると本来の薬の効果を測定するには、患者が意識できない状態で薬を投与しなければならないことになるでしょう。無理ですが。

そう考えると胃薬を飲んでも、もしかしたら腰痛が改善する可能性もあります。もっと言えば薬を飲んだ時と同じ脳の反応が得られるような言葉が発見されれば薬を使わなくても治療が可能になります。

そう思うと、慢性痛はやはり脳の反応がメインだと再認識してしまいます。慢性痛にダラダラ鎮痛薬を処方するということは、この薬を飲むという儀式を行うことを患者に毎日させており、ある一定の効果が得られるのは間違いないでしょう。しかし、この儀式化は脳の条件付けにもなりかねません。薬の効果ではなくただの条件付けされた「パブロフの犬」状態です。その中で鎮痛薬の代わりに脳に作用する薬を使ってしまえば、さらにややこしくなることは容易に想像できます。依存の状態を作り出さないようにしなければなりません。

Open-label placebo treatment in chronic low back pain: a randomized controlled trial.

Painより  October 13, 2016

Abstract

This randomized controlled trial was performed to investigate whether placebo effects in chronic low back pain could be harnessed ethically by adding open-label placebo (OLP) treatment to treatment as usual (TAU) for 3 weeks. Pain severity was assessed on three 0- to 10-point Numeric Rating Scales, scoring maximum pain, minimum pain, and usual pain, and a composite, primary outcome, total pain score. Our other primary outcome was back-related dysfunction, assessed on the Roland-Morris Disability Questionnaire. In an exploratory follow-up, participants on TAU received placebo pills for 3 additional weeks. We randomized 97 adults reporting persistent low back pain for more than 3 months’ duration and diagnosed by a board-certified pain specialist. Eighty-three adults completed the trial. Compared to TAU, OLP elicited greater pain reduction on each of the three 0- to 10-point Numeric Rating Scales and on the 0- to 10-point composite pain scale (P < 0.001), with moderate to large effect sizes. Pain reduction on the composite Numeric Rating Scales was 1.5 (95% confidence interval: 1.0-2.0) in the OLP group and 0.2 (-0.3 to 0.8) in the TAU group. Open-label placebo treatment also reduced disability compared to TAU (P < 0.001), with a large effect size. Improvement in disability scores was 2.9 (1.7-4.0) in the OLP group and 0.0 (-1.1 to 1.2) in the TAU group. After being switched to OLP, the TAU group showed significant reductions in both pain (1.5, 0.8-2.3) and disability (3.4, 2.2-4.5). Our findings suggest that OLP pills presented in a positive context may be helpful in chronic low back pain.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする