αシクロデキストリンって効果はどう?

α-シクロデキストリンについてコメントをいただきました。

難消化性デキストリンは、各社から販売されています。今回、先生が示された血糖などのデータを見ても糖質制限には全く及ばないですね。

デキストリンの中でもαシクロデキストリン、別名αオリゴ糖は、面白い構造をしていて血糖や中性脂肪、sdLDLコレステロールを低下させるという報告があるようです。

α-シクロデキストリンというものをご存じでしょうか?私は知りませんでした。情報だけを読めばなかなか興味深い物質ですが、一方いつものように眉唾のような気もします。このサイトに書かれていることでは、血糖値上昇抑制効果、LDLコレステロール低減効果、中性脂肪吸収阻害効果、飽和脂肪酸の選択的排泄など様々な作用があるようです。

α-シクロデキストリンは血糖値や脂質に影響を与えるようですが、実際にはどのような報告があるのでしょうか?いくつか見てみましょう。

1日6gのα-シクロデキストリン(α-CD)を12週間飲んだ場合の研究では、次のような変化がありました。(この論文参照)

脂質とリポタンパク質プラセボα-CD
コレステロール(<200 mg / dL)180±4180±4
中性脂肪(<150 mg / dL)97±6100±6
LDL-C(<100 mg / dL)103±3103±3
LDL-p(<1000 nmol / L)1038±471005±45
sLDL-p(<1317 nmol / L)405±38365±35
HDL-C(<40 mg / dL)58±260±2
HDL-p(24–49 umol / L)35±135±1

小さな危険なLDLであるsdLDLの粒子数はおよそ10%低下しました。その他は変化ありませんでした。中性脂肪も減少していません。

糖代謝プラセボα-CD
体重(Kg)74.8±1.974.7±2
血糖値(74–106 mg / dL)88±0.987±0.7
インスリン(2.6 − 24.9 mcU / mL)7.1±0.57.3±0.6
HbA1C(4.0 − 6.0%)5.3±0.45.3±0.4
リポタンパク質インスリン抵抗性指数(%)1.6±0.11.4±0.1
HOMA-IR1.6±0.11.5±0.1

血糖値もインスリン抵抗性も微妙な変化です。

α-CDに関連する重篤な有害事象は認められませんでしたが、α-CDの約8%が軽度の胃腸症状を訴えたのに対し、プラセボでは3%でした。この系統の薬やサプリはどうしても胃腸症状(腹痛、腹部膨満感など)が多くなる傾向にあります。

次の研究です。(この論文参照)

0、2、5、または10gのα-シクロデキストリンを添加した50gの消化性炭水化物を含む白米を摂取しました。

上の図は血糖値とインスリン値の推移です。確かに食後血糖値はα-シクロデキストリンの量が多くなるにつれて、低下しています。インスリン値も同様にやや低下しているようにも見えます。

上の図は血糖値とインスリン値の曲線下面積です。確かに血糖値は5gと10gで低下しています。しかし、インスリン値は有意な変化ではありませんでした。特に2gでは有意ではないにしても、0gよりもインスリン分泌が多くなっているようにも見えます。

高用量のα-シクロデキストリンは、より大きな満腹感をもたらしましたが、嗜好性の低下および軽度の胃腸症状(腹痛、悪心、膨満)の発生率の増加と関連していました。やはり胃腸症状が出ますね。

次の研究です。年齢の中央値が70歳の高齢者を対象としたものです。(この論文参照)

10gのα-シクロデキストリンと100gの砂糖を混ぜたドリンクを飲みました。

上の図は血糖値とインスリン値の推移です。○がコントロール、●が10gのα-シクロデキストリン群です。やや気持ちばかり血糖値やインスリン値が低いですが、大きな変化ではありませんね。

次の研究では20代の若い人が100gのパン(50gの糖質)と10gのα-シクロデキストリンを一緒に摂取した場合を調べています。(この論文参照)

上の図は血糖値の推移とインスリン値の推移です。赤がパンのみの摂取、青がパンとα-シクロデキストリン摂取、緑はα-シクロデキストリンのみ摂取です。当然α-シクロデキストリンのみは変化しませんが、この研究ではパンとα-シクロデキストリンを一緒に摂取した場合、大きく血糖値もインスリン値も低下しています。そしてピークがかなり遅れていますね。

次の研究を見てみましょう。中性脂肪はどうでしょうか。下の図のような26gの脂質を含んだマクドナルドのソーセージエッグマフィンを食べて、2gのα-シクロデキストリンを摂取した場合の変化を調べています。(この論文参照)

上の図はプラセボとの比較です。血糖値は差がありません。コレステロールは食事による急性変化はほとんどありませんので、やはりプラセボと差がありません。一番下の中性脂肪は1時間と3時間で低下していました。

上の図は3時間での曲線下面積の変化量です。そして、ベースラインでの中性脂肪値で分けています。高中性脂肪血症のある群の方が、α-シクロデキストリンにより中性脂肪の増加は減少しています。一方正常の中性脂肪値の群では差がありませんでした。

次に、うんこを調べてみましょう。(この論文参照)

この研究では1食に2gのα-シクロデキストリンを食事と一緒に摂取して、2日間で12gのα-シクロデキストリンにより、うんこの中の中性脂肪が増加するかどうかを分析しています。

上の図は24時間のうんこの中の脂質含有量です。プラセボとα-CDの間で、24時間にわたっての便中の脂質含有量に差はありませんでした。

上の図は血中の中性脂肪です。これも差がありません。

以上、いくつかの論文をご紹介しましたが、効果はゼロではなさそうです。しかし、やっぱりその効果の程度はショボいですね。個人差も大きいでしょうから、これを使うなら、ご自身で血糖値などは測定した方が良いですね。

糖質制限の方が確実ですし、大きな効果があるでしょう。

コメント

  1. 鈴木武彦 より:

    サプリメント類摂るだけで健康になれるなら、
    人生は容易いです。

    • Dr.Shimizu より:

      鈴木武彦さん、コメントありがとうございます。

      サプリも新型コロナももっと言えば宗教も同じ構図です。
      不安や恐怖を植え付ければ(またはそれを持った人であれば)その後のコントロールは非常に簡単でしょう。

  2. じょん より:

    清水先生、こんばんは。

    αシクロデキストリンについて、詳細にヒトでの効果を確認いただきありがとうございます。
    構造的に面白い効果があるように思いました。
    白米やパンと併用することで、血糖やインスリンの上昇を抑えるような結果でしょうか。そしてsdLDLのわずかな減少。
    通常の難容性デキストリンよりは意味があるのでしょうか。

    しかし、やはり基本は糖質制限ですね。