お金は真実に勝るか?

the guardianの記事です。巨大な力にはなかなか勝てませんが、もっと真実を知るべきです。

下手な日本語訳ですが、よく読んで一人一人が考えてください。

「Finance trumps patients at every level – UK healthcare needs an inquiry」

「財力はあらゆるレベルで患者に勝る- 英国の医療は調査が必要」(記事の原文はここ

医療制度は信頼の危機に直面しています。知識のない医師や貧弱な研究が患者を傷つけています。

医療制度は誤った情報の医師や患者の流行に根ざして失敗に直面しています。

最近行われた英国心臓血管予防・リハビリテーション協会の年次総会での基調講演で、心臓発作を起こしスタチンを与えられ、スタチンをやめることにより筋肉痛を1週間以内に解決した男性の例を挙げました。開業医が彼に、スタチンを決して止めてはならない、さもなければ死ぬかもしれないと言った時に、彼の喜びは短期間で終わってしまいました。講演の聴衆に、2週間の間薬を止めることによる死の危険性を推測することを尋ねられると、最初の反応は25%でした。私はそれが実際には0と1万分の1の間であることを明らかにしたときに騒ぎになりました。

このような統計的および健康に対する無学は、例外ではなく、実際には一般的な水準です。医療従事者の大半は医学文献を理解できないようです。ある研究で、訓練プログラムに参加している人の70%が、エビデンスベースの医学の理解に関する簡単なテストに失敗したことを明らかにしました。

しかし、医学雑誌に掲載された研究成果の信頼性にも疑問を呈する必要があります。論文「医療誤報の混乱を生き残るためにどのようにすべきか?」において、科学的な整合性の権威でありスタンフォード大学の医学部および統計学の教授John Ioannidisは、高品質と患者への臨床的に関連性のあることの基準に分析して合格したのは、60,000以上の臨床研究のわずか7%であることを示しました。

私たちは、医師が臨床的意思決定に依存している医学研究の完全性についても心配する必要があります。高等教育機関の回答者の国際調査では、14%がデータを作成、改ざんまたは改変した同僚を知っていると認めており、34%の科学者が研究の臨床結果の選択的報告と利害衝突の隠蔽を含んだ疑わしい研究実施を報告しています。

非心臓外科手術でベータブロッカー薬の使用に関する欧州心臓学会のガイドラインに影響を与えたとされている著名なオランダ医師は、研究での「架空のデータの使用」を含む「学問的完全性の侵害」でエラスムス大学を解雇されました。インペリアルカレッジのDarrel Francisが行った調査によると、このガイドラインは患者の死亡率を27%増加させ、ヨーロッパ全体で8年間に80万人以上の死亡をもたらしたと推定されています。

医学専門家が偏見のある報告と科学的不正行為の本当の程度を意識していないことは、大学や医学雑誌の信用は、彼らの研究した研究が倫理的かつ正確であるという信念に支えられています。議会の科学技術委員会に提出された証拠では、心臓専門医ピーター・ウィルムシャーストは彼らが「教会の指導者たちが、司祭による児童虐待の広がりを告白しているのと同じように、研究不正行為の完全な大きさを認める可能性が高い」と指摘します。

製薬企業は法的に最良の治療法を患者に販売する義務はありませんが、株主にとって利益をもたらす義務があります。2009年から2014年の間に、違法な薬のマーケティング、有害事象のに関するデータの隠匿、結果の操作などの犯罪行為に対して、合計130億ドルの罰金が科せられました。最近のBMJの論説で指摘されているように、 “このような問題が再び発生するのを防ぐために、組織的な変更はほとんどありませんでした”。

今年の早い段階で、BBCは、心臓病患者のための新しいコレステロール低下薬の結果について報告し、「世界最大の殺人犯と戦うには巨大な進歩」という見出しの記事を掲げています。より厳しい精査をしたところ、心臓病による死亡率の減少は無く、、あらゆる原因による死亡の減少も無く、ヨーロッパの参加者では非致死的心臓発作の減少もありませんでした。実際、薬物を投与された患者では、投与しなかった患者よりも死亡者が18人も多くなっていました。

ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスンの元編集者、マルシア・エンジェル(Marcia Angell)によると、医療現場で直面する戦いは「真実と金」の1つです。ジャーナルを編集してから約20年後、彼女は、出版された文献の多くを信頼することや医師の権限または医療ガイドラインに頼ることが、もはや不可能であると不本意ながら結論づけました。

医療科学アカデミーは、病気を治療するよりもむしろ予防するための医薬品のより多くの使用を求めています。これは、より多くの薬を販売することによって慢性疾患を治療する市場を利用することができる製薬業界のうれしいことになります。

オックスフォード大学のエビデンスベースの医学センターの責任者であるカール・ヘネガン氏は、「方針と今後の方法を決めるのに、利害の衝突を持つ人々があまりにも多くいる」と答えました。

過剰なビッグフードとビッグファーマに対して規制を全面的に怠るのは、偽の経済です。モルガン・スタンレー投資銀行の2015年の報告では、高糖質食からの「糖尿病の流行」に取り組まなかったことで、2035年までにOECD諸国の経済成長率が0%に近づく可能性があることが明らかにしました。

米国では医療活動の3兆ドル以上の20〜50%が不適切であり、資源を浪費したり、患者を傷つけたりすると推定されています。Cochrane Collaborationの共同設立者であるPeterGøtzsche氏によると、処方薬による副作用は、心臓病や癌の後で死亡する第3の原因です。

信頼の危機は現在、草の根の医師や患者に届いており、アカデミー・オブ・メディカル・サイエンスからの報告によると、開業医の5人に4人以上が、また一般の人の3人のうち2人が製薬会社が後援する研究を信頼していません。これは、不要な死や世界中の何百万人もの犠牲に貢献する多すぎる薬の害を巻き戻すための真の変化の転換点になるでしょうか?

イラク戦争へのチコットの規模の全面的な調査が、最終的には、あらゆるレベルの金銭的な利害が患者のために最善を尽くすことに勝り続けているシステムの見直しのために必要とされるかもしれません。ケアの質を向上させるだけでなく、医学研究の信頼を取り戻すために。それまでは、NHSイングランド、BMA、および保健省は、より少ない薬と健康的なライフスタイルがNHSを維持するための最も重要な解決策であることを患者に強調することを国家優先事項にしなければならなりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする