続報 本の題名は?

前回お伝えした通り、またまた出版をすることとなり、現在校正の大詰めです。

今回は本の題名の発表です。本の中身はライターが書いているわけではないので、全て自分自身書きましたが、本の題名は出版社の方にお任せです。本職ですから。前著の糖質過剰症候群という言葉は私が最初に仮の題名としていたのですが、それを採用していただき、副題については出版社の方が付けたものです。今回私が付けていた仮の題名は、ベタに「糖質過剰症候群2」でした。

それで、出版社が付けた題名は次のようです。

新型コロナウイルスの状況がかなり落ち着いてきましたが、なぜ肥満や糖尿病など糖質過剰症候群の人が新型コロナの感染に弱いのか、重症化や死亡率が高いのか?そんなことについて第1章で詳しく書いています。それ以降は新型コロナよりももっと恐ろしい現実など、コロナ以外のことがメインとなっていきます。

第4章では糖質過剰摂取による有害性のメカニズムをかなり詳しく書きました。糖質制限否定派の方にはこれ以上に否定できないほどの内容だと、自分では勝手に思っています。

そして、大胆に様々な病気や症状の根本的な原因に迫っています。

前著『「糖質過剰」症候群』を読んでいない方は、是非読んでおいていただけると、今回の内容もさらに興味深いものとなると思います。

もうしばらく発売までお待ちください。

コメント

  1. 鈴木 武彦 より:

    より良い生活目指しモチベーションアップする新たな知見、期待しております。

    (楽天イーグルスが「ワクチン・検査パッケージ」チケット一律¥500で販売。
    ワクチン接種済条件に当てはまり思わず購入してしまいました。
    政府ですすめている社会実験だそうです。)

  2. 谷敷 より:

    決して冷やかしではないのですが、昨今は医師が本業以外で活動されることが多いようです。
    TV出演、講演、動画配信、書籍出版など・・・
    本業の片手間に、そんな時間があるのが羨ましい限りです。
    私は医師は貴重な職業だと思っています。
    他人の体を診断したり、治療できる貴重な経験を積むことができるからです。
    ですから、その貴重な経験を積む時間を疎かにしてほしくはありません。
    昨今の風潮を見ていての雑感です。

    • Dr.Shimizu より:

      谷敷さん、コメントありがとうございます。

      なるほど、そのように思われる方もいるのですね。
      医師は24時間365日医療に携わっているわけではありません。
      プライベートな時間もあります。その時間をどのように使うかはそれぞれです。
      仕事を疎かにしているから出版ができるわけではありません。
      まあ、最近は新型コロナの影響でいわゆる専門家という人が毎日のようにテレビ出演をしている人もいますが、
      その方たちは恐らく、出演ができる程度の仕事をしているので出演が可能なのだと思います。

  3. 匿名希望 より:

    楽しみにしてます。
    病気にならない食事、薬に頼らない食事は人類が本来食べてきた食事「糖質制限」だったんですね。

    清水先生、江部先生、夏井先生など、、色々な糖質制限の本を読んできましたが、日本人はずっと米を食べてきたから米は悪くないという考えが誤りだったことに気づかされました。
    穀物は人口を爆発的に増やしたけど、健康には悪影響だったんだ・・・

    • Dr.Shimizu より:

      匿名希望さん、コメントありがとうございます。

      発売開始までもうしばらくお待ちください。