ついにフルマラソン日本新記録が出た!設楽悠太選手素晴らしい走りでした!

ついに、長年破られることのなかったフルマラソンの日本記録が更新されました。今日2018年2月25日に行われた東京マラソン2018で、設楽悠太選手が日本新記録の2時間6分11秒で全体の2位でゴールしました。正直5分台が出るかな?と期待もしましたし、最後の最後は「間に合うか?」とひやひやしましたが、やってくれました!

30km過ぎに遅れ始めた時には、ダメだと思ってしまいました。井上大仁選手の方がなんとなく余裕のある表情だったので、井上選手が勝つかな、と思っていました。しかし、その後の巻き返しは素晴らしいですね。あそこからもう一度ペースを上げられるのは、すごい力を持っているとしか思えません。

今までの日本のランナーは、最初の段階ですら先頭集団についていけませんでした。それを設楽選手と井上選手がずっと先頭集団にいただけでも、今後に期待を持たせてくれます。

マスコミが一時騒いでいた、青山学院大学出身の神野大地選手は、全く伸びませんね。2時間10分台です。市民ランナーの分際で言うのも何なんですが、あんなに腕を振り回して、上半身がブレまくっていれば、余計なエネルギーを使ってしまうのは当然だと思います。駅伝レベルでは通用してもフルマラソンは難しいですね。

まだまだ、世界との差はありますが、今後に期待ができそうな選手が少しずつ出てきたことは非常に楽しみです。

設楽悠、日本新記録2時間6分11秒で2位!高岡寿成の記録を16年ぶり更新/マラソン

2/25(日)  サンケイスポーツより

東京マラソン(25日、東京都庁前-東京駅前)2020年東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」出場権が懸かる大会。設楽悠太(26)=ホンダ=が日本新記録の2時間6分11秒で日本勢最高の2位に入った。14年東京覇者ディクソン・チュンバ(31)=ケニア=が2時間5分30秒で制した。(タイムは速報値)

低迷する日本男子マラソン界に風穴をあけた。設楽は中間点で井上大仁(25)=MHPS=とともに、2002年10月に高岡寿成がマークした日本記録(2時間6分16秒)を大幅に上回るペースで通過。31・2キロで遅れ始めたが、38・2キロで井上に追いつき日本勢トップに立つと、その後も粘りの走りを披露した。

初マラソンだった前回大会も日本記録を超えるペースで飛ばしたが、終盤にストライドが鈍ってタイムは2時間9分台、11位だった。16年リオデジャネイロ五輪に1万メートルで出場。トラックで実績を残して軸足をロードに移し、昨年9月にはハーフマラソンの日本記録を10年ぶりに更新した。同じ1991年生まれの大迫傑(ナイキ・オレゴンプロジェクト)は昨年12月の福岡国際で日本歴代5位の2時間7分19秒を出したことにも刺激を受けた。

年が明けてからは駅伝で区間賞を連発。4日の香川・丸亀国際ハーフマラソンでは1時間1分13秒で日本勢トップの2位と好調を保つ。東洋大時代に箱根駅伝で結果を残したエリートランナーが、ついに実力を開花させた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. まる より:

    以前、東京マラソンに初出場することでコメントさせてもらった者です。ここにコメントするのは若干恥ずかしいのですが、結果を報告します。結果は5時間2分で無事完走できました!長蛇のトイレでのロスタイムが惜しまれますが、大きな大会はそれも想定しないといけませんね。
    次は小豆島で開催されるハーフにエントリーしています。前回ハーフが2時間16分だったので、それを上回るタイムで走りたいと思います。
    ランニング経験者からは10人中10人といっていいほど、レース前にカーボローディングだから炭水化物中心のメニューを、と言われました。私はうまく説明できないし、下手な説明でケトランのイメージが悪くなってはいけませんので黙っていました(笑)
    まぁ、どんな説明よりもこれから先にはたくさんの経験者が出てきてくれることを期待しています。
    楽しい42.195キロでした!

    • Dr.Shimizu より:

      まるさん、完走おめでとうございます。
      長蛇のトイレのタイムロスやスタートまでのロスを考えれば、
      4時間40分ほどではないでしょうか?
      ハーフでは2時間切りも行けそうなタイムですね。
      今後もケトランを楽しんでください。