名古屋ウィメンズマラソンに見た女子マラソンの光

昨日の名古屋ウィメンズマラソンは実に見ごたえ十分のレースでした。

記録こそ設定タイムに及ばなかったものの、前半から日本人選手も積極的で、ペースメーカーがいなくなってからも外国人選手に一生懸命くらいついていました。

そして、最後の2位争い。1秒差でオリンピック候補になれるかどうかという争い。

前回の選考レースの福士選手といい、今回の田中智美選手といい素晴らしい走りでした。

女子マラソンにはまだ、光が差しています。男子とは雲泥の差。男子は最初から外国人選手に負ける気十分。

何年も前から全く成長していない男子マラソン界。オリンピックに出る資格もないに等しいと思いませんか?

それにしても、2位に入った田中智美選手と監督の山下佐知子監督。どう見ても親子というくらい笑った顔がそっくりでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする