桜田大臣、片山さつき大臣は適材適所である

連日、テレビで見かけるようになった桜田義孝氏と片山さつき氏。安倍首相が掲げた「適材適所」とはかけ離れた感じがあります。

桜田大臣はオリンピック・パラリンピック担当大臣とサイバー担当大臣を兼務しています。片山さつき大臣は地方創生担当大臣です。

そして桜田大臣は連日の野党の質問にまともに答えられず、問題発言も多く、集中砲火を浴びていますし、片山大臣は地震の口利き疑惑など法律に触れる行為が問題になっていて、これもまた、集中砲火です。

しかし、彼らは「不適材」なのでしょうか?

よく考えてみましょう。

ほら!「森友問題」「加計学園問題」忘れていませんか?

あんなに毎日のようにマスコミが取り上げていて、真相がわかっていないのに、今ではどのマスコミも全く報道せず、どうでも良い桜田大臣の「アホ」な答弁を垂れ流しています。

安倍首相は「目くらまし」を使っているのです。その目くらましの2人が頑張って野党やマスコミを引き付けてくれているので、自分は悠々とやりたいことを進めることができます。

野党も貴重な国会の審議の時間を、重要な質問もせず、3流の面接のような質問ばかり。世界情勢は大きく変わりつつあるのに、このような人間の適性を問うような質問なんてどうでも良いはずです。安倍首相の「任命責任」を追及したいのでしょうが、これまでこの戦略が上手く行ったためしがありません。野党にも弁護士出身の政治家もいるのでしょうから、もっと様々な証拠集めをして、森友や加計問題をしっかりと追及すればいいのです。この問題に比べれば、片山大臣の口利きなど小さな問題です。森友問題では自殺者まで出ているのですよ。何もないなんてありえません。

野党もマスコミも何がしたいのかわかりません。バラエティー番組ではないのですから、重要事項の優先順位をはっきりさせて質問をすべきですし、報道をすべきです。そうすれば、このような低レベルの国会にはならないですし、ニュースがバラエティー化しないのです。まあ、マスコミもやっぱり「忖度」しているのでしょう。

つまり、安倍首相は、オリンピックパラリンピックなんてどうでも良いのです。東京にやらせとけばいいのですから。サイバーセキュリティ―と言っても、大臣ができることなんてありません。地方創生?地方何て安倍さんは気にしていません。安倍さんはもっとやりたいことがたくさんあるのです。歴史に名を残すのにあと3年しかありません。地方にかまっている時間はないのです。

そのような意味で、安倍さんが桜田大臣や片山大臣をそれぞれ、安倍さんにとって重要度が低いポストにつけ、国民の関心やマスコミを引き付けておく「目くらまし」戦法において、非常に「適材適所」です。

片山さんは比例なので直接選んでいませんが、桜田さんを選んだのは誰ですか?国民です。政治家の資質を問う前に、国民の考え方を変える必要があると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする