腕立て伏せ40回できますか?

あなたは腕立て伏せを何回できますか?腕立て伏せが40回以上できる男性は、10回未満しかできない同世代の男性と比較すると心血管疾患のリスクが有意に低いという研究が発表されました。何で腕立て伏せなのかはよくわかりませんが。

では、みなさんやってみましょう!ズルしないでくださいよ。Let’s try!

何回できましたか?私は36回でした。40回できませんでした…

これって、運動習慣と関連しているような気がするので、別に腕立て伏せでなくても良いのでしょう。

今回の研究では18歳以上の男性消防士のデータを用いて、分析しています。消防士限定ですが、イメージとしては消防士は40回なんて軽くクリアできそうに思いますが、対象となった消防士は1,104人で平均年齢は39.6歳、平均BMIは28.7でした。(図は原文より)

上の図は縦軸が生存率です。横軸が年数です。腕立て伏せの回数によるグループ分けをしたグラフになっています。そうすると、0~10回は明らかに生存率が低くなっています。11~20回でもやや生存率の低下を認めますが、それ以上ではそれほど変わらないように見えます。40回以上は10年間全く問題ないようです。

40回以上の腕立て伏せをできた人は、10回未満の人と比較して、年齢やBMIで調整後の心疾患リスクが96%減少したそうです。

消防士は普段の職業上の身体活動レベルが非常に高いと思います。それにも関わらず腕立て伏せを10回もできないというのは、心臓など身体の中で余程の問題が起きている可能性が高いでしょう。

以前の記事「やはり運動は大切 心肺機能の高い人は長生きする」で書いたように、少し息が上がるくらい、汗が少し出るくらいの運動習慣は大切ですね。

「Association Between Push-up Exercise Capacity and Future Cardiovascular Events Among Active Adult Men」

「活動的な成人男性における腕立て伏せ運動能力と将来の心血管イベントとの関連」(原文はここ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする