耳たぶの斜めの線と脳血管障害

以前の記事「耳たぶの斜めの線にご注意を」では、耳たぶの斜めの線(フランクのサイン)と冠動脈疾患のリスクの関連を書きましたが、脳血管疾患についてはどうなのでしょうか?

急性の脳卒中で入院した241人を調べたものです。(表は原文より改変)

フランクのサイン一過性脳虚血発作脳血管障害合計
あり(%)73.288.678.8
なし(%)26.811.421.2

上の表はフランクのサインの有無による、一過性脳虚血発作および脳血管障害の割合です。

フランクのサインは全体の78.8%に見られました。一過性脳虚血発作の患者73.2%、脳血管障害の患者88.6%に耳たぶの斜めの線がありました。
かなり、割合が高いですね。冠動脈疾患の割合よりもかなり高いでしょう。同じ頭部だから?

次の図は韓国の研究で、出血性脳卒中の危険因子を示しています。SAHはくも膜下出血、ICHは脳内出血です。

(上の図はここより)

2番目の過去の高血圧の既往が最も危険な因子です。これは当然と言えば当然でしょう。しかし、次に出血性の脳卒中の可能性が高いのは耳たぶの線でした。くも膜下出血は6.72倍、脳内出血は4.52倍も起こる可能性が高いのです。

耳たぶの斜めの線は見逃せないサインなのかもしれません。

糖質制限 糖質過剰症候群 心血管疾患

「Diagonal Earlobe Crease (Frank’s Sign): A Predictor of Cerebral Vascular Events」

「斜めの耳たぶの線(フランクのサイン):脳血管イベントの予測因子」(原文はここ