柳原病院事件、外科医やっと保釈

何度も記事にしていますが(最近のものはここ)わいせつ容疑の外科医がやっと保釈されました。最初は却下されましたが、その後認められたようです。この判断の違いは何なのでしょうか?それにしても105日拘留する意味はあったのでしょうか?

男性外科医が保釈、勾留105日

2016年12月7日 (水) m3.comより抜粋
 東京都足立区の柳原病院で自身が執刀した女性患者に対してわいせつな行為をしたとして、準強制わいせつ罪で逮捕・起訴された男性外科医が12月7日、保釈された。8月25日の逮捕から勾留期間は105日に及んだ。
 柳原病院によると、11月30日の初公判後に弁護団は保釈請求を行ったが、東京地方裁判所は12月2日に却下と判断。弁護団が12月6日に却下決定に対する「抗告」を東京高等裁判所に提出したところ、同夜「却下決定を取り消し」「被告人の保釈を許可する」とする決定が出された。弁護団の一人は「実務上あり得ないひっくり返り」と話しているという。
 保釈条件には、柳原病院関係者や被害者との接触、病院への立入禁止がある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする