LDLコレステロールを低下させることの有益性の証拠はない!

コレステロールを低下させることにより、いまだに心血管疾患を予防できると思っている人がいます。コレステロール悪玉説が様々な治療のガイドラインのベースになっているのですが、ちゃんとしたエビデンスはあるのでしょうか?

2004年の臨床試験規制の発表後に報告されたコレステロール低下のランダム化比較試験をすべて見てみると、LDLコレステロールを低下させることの有益性の証拠は認めていません。

29の研究のうち2つだけが死亡率への有益性を示しました。そして、ほぼ3分の2は心臓血管疾患への有益性を認めませんでした。下の表を見てください。(表は原文より改変)

2004年の臨床試験規制の発表後に報告されたコレステロール低下の無作為化対照試験
介入研究期間コレステロール低下死亡率への有益性心血管疾患への有益性
2005年アトルバスタチン20mg /日4.3 年39%-43%LDLなし(P = 0.08)
2005年アトルバスタチン10mg / 日または80mg / 日4.9年24%LDLなし(HR1.01; 95%CI、0.85-1.19)あり(HR 0.78; 95%CI、0.69-0.89)
2005年アトルバスタチン80mg / 日またはシンバスタチン20mg / d4.8年20%LDLなし(HR 0.98; 95%CI、0.85-1.13)なし(HR 0.89; 95%CI、0.78-1.01)
2005年フェノフィブラート200mg /日6年12%LDLなし(HR1.1; 95%CI、0.95-1.29)なし(HR 0.89; 95%CI、0.75-1.05)
2005年アトルバスタチン20mg /日4年42%LDLなし(RR 0.93; 95%CI、0.79-1.08)なし(RR 0.92; 95%CI、0.77-1.10)
2006年アトルバスタチン10mg /日4年29%LDLなしなし(HR 0.9; 95%CI、0.73-1.12)
2006年アトルバスタチン80mg /日4.9年43%LDLなし(HR 1.0; 95%CI、0.82-1.21)あり(HR 0.84; 95%CI、0.71-0.99)
2006年低脂肪食8.1年7%LDLなし(HR 1.01,95%CI、0.81-1.27)なし(HR 0.97; 95%CI、0.9-1.06)
2006年プラバスタチン10-20mg /日5.3年15%LDLなし(HR 0.72; 95%CI、0.51-1.01)あり(HR 0.67; 95%CI、0.49-0.91)
2007年トルセトラピブ2.2 年25%LDLなし(HR 1.58; 95%CI、1.14-2.19)なし(HR 1.25; 95%CI、1.09-1.44)
2007年ロスバスタチン10mg /日33ヶ月45%LDLなし(HR 0.95; 95%CI、0.86-1.05)なし(HR 0.92; 95%CI、0.83-1.02)
2008年シンバスタチン40mg +エゼチミブ10mg / 日4.4年50%LDLなし(HR1.04; 95%CI、0.79-1.36)なし(HR 0.96; 95%CI、0.83-1.12)
2008年ロスバスタチン10mg /日3.9年27%〜32%LDLなし(RR 1.00; 95%CI、0.90-1.22)なし(HR1.01; 95%CI、0.91-1.11)
2008年ロスバスタチン20mg /日1.9年49%LDLなし(HR 0.81; 95%CI、0.63-1.04)あり(HR 0.55; 95%CI、0.43-0.69)
2009年ロスバスタチン10mg /日3.8 年43%LDLなし(HR 0.96; 95%CI、0.86-1.07)なし(HR 0.96; 95%CI、0.84-1.11)
2010年シンバスタチン80または20mg / 日6.7年0.35mmol / L LDLなし(RR 0.99; 95%CI、0.91-1.09)なし(RR 0.94; 95%CI、0.88-1.01)
2011年ナイアシンER 1.5-2.0g / 日3年16%LDLなし(HR1.16; 95%CI、0.87-1.56)なし(HR1.02; 95%CI、0.87-1.21)
2011年シンバスタチン20mg / 日 +エゼチミブ10mg / 日4.9年31%LDLなし(RR 1.01; 95%CI、0.75-1.35)CHD死亡あり(RR 0.83; 95%CI、0.74-0.94)
2013年PUFAまたはSFA食39ヶ月7.8%総コレステロールなし(HR 1.62; 95%CI、1.00-2.64)なし(HR 1.70; 95%CI、1.03-2.80)
2014ナイアシンER 2g / 日 +ラロピプラント40mg / 日3.9年16%LDLなし(RtR1.09; 95%CI、0.99-1.21)なし(RtR 0.96; 95%CI、0.90-1.03)
2015年エゼチミブ10mg /日7年24%LDLなし(HR 0.99; 95%CI、0.91-1.07)あり(HR 0.94; 95%CI、0.89-0.99)
2016年PUFAまたはSFA食41-56か月13%総コレステロールなし(HR1.2; 95%CI、1.14-1.32)
2016年ロスバスタチン10mg /日5.6年26%LDLなし(HR 0.93; 95%CI、0.80-1.08)あり(HR 0.76; 95%CI、0.64-0.91)
2017年エバセプチブ130mg /日26ヶ月37%LDLあり(HR 0.84; 95%CI、0.70-1.00)なし(HR1.01; 95%CI、0.91-1.11)
2017年エゼチミブ10mg /日3.9年15%LDLなし(HR 0.70; 95%CI、0.47-1.04)なし(HR 0.89; 95%CI、0.76-1.04)
2017年エボロクマブ140mg 2週間毎または420mg /日2.2
59%LDLなし(HR1.04; 95%CI、0.91-1.19)あり(HR 0.85; 95%CI、0.79-0.92)
2017年アナセラピブ100mg /日4.1 年41%LDLなし(P = .46)あり(RR 0.91; 95%CI、0.85-0.97)
2018年強化と標準用量スタチン60ヶ月26%LDLなし(HR 1.21; 95%CI、0.77-1.91)なし(HR 0.84; 95%CI、0.67-1.07)
2018年アリロクマブ75-150 mg 2週間毎2.8 年55%LDLあり(HR 0.85,95%CI、0.73-0.98)あり(HR 0.85; 95%CI、0.78-0.93)

LDLコレステロールがアテローム性動脈硬化性動脈硬化症のプラークの成分であることは確かです。しかし、LDLコレステロールが原因だという証拠はありません。LDLコレステロールが原因であるという主張により、LDLコレステロールを低下させることが心血管疾患を予防になるということが正当化されています。そして強固な証拠もなくスタチンが使われています。

しかし、上のようにエビデンスは矛盾した結果を示しています。そうであるならば、そろそろ、コレステロール悪玉説をやめるべきです。スタチンは様々な副作用があるにもかかわらず、矛盾した証拠を無視して、むやみに不必要な人に処方されています。

以前の記事「家族性高コレステロール血症から考える 高LDLコレステロールは心血管疾患の原因ではない その1」「その2」などにも書いたように、家族性高コレステロール血症の人でさえ、コレステロールを低下させる恩恵はほとんどありません。

LDLコレステロールは本当に動脈の血管内腔から血管内皮を通って、アテローム性動脈硬化を起こすのか? その9 別のコレステロールの運び屋」でも書いたように、コレステロールを運ぶのもLDLだけではありません。そして、凝固系の問題が大きくかかわっていると考えられ、単純なLDLコレステロール低下療法で解決できるような問題ではないと思われます。

非常に低いLDLコレステロールは死亡率や心疾患リスク低下に関連していない」で書いたように、LDLコレステロール値の関連性は非常に低い可能性の方が高いのです。

LDLの中で危険なLDLと考えられているsdLDLはHDLや中性脂肪値とのかかわりの方が大きく、さらにHDLや中性脂肪値は糖質摂取との関連も大きいのです。(「糖質制限とLDLコレステロール上昇」など参照)

副作用に苦しむスタチンよりも糖質制限の方がリスクもなく、効果も大きいと思います。

「A Reappraisal of the Lipid Hypothesis」

「脂質仮説の再評価」(原文はここ