新型コロナウイルスと血液型

先日新型コロナウイルス感染の重症化と血液型についての記事がありました。

コロナ重症化リスク、最も低いのはO型…理由はっきりせず
5/17(月) Yahooニュースより(記事はここ

日本人で、新型コロナウイルス感染症の重症化リスクを高める遺伝情報の特徴を発見したと、慶応大などの研究班が17日、発表した。

慶大や東京医科歯科大などは昨年5月、研究班「コロナ制圧タスクフォース」を結成。全国100以上の医療機関から、患者3400人以上の血液などを集めて遺伝情報を解析した。感染したウイルスは、従来型が中心とみられる。

65歳未満の重症患者440人と一般人2377人を比べた結果、「DOCK2」という遺伝子の近くで、遺伝情報に一定の違いがあると、重症化リスクが2倍になることがわかった。DOCK2は免疫に関わる遺伝子で、この違いは日本人の約2割が持つという。

研究班は血液型別の解析も実施。重症化リスクはO型が最も低く、A型とB型はその約1・2倍、AB型は約1・6倍だったという。理由ははっきりしていない。

重症化のしやすさは遺伝情報だけでなく、肥満や基礎疾患、ウイルスの変異なども影響する。

東京農工大の水谷哲也教授(ウイルス学)の話「新型コロナだけでなく感染症全般の重症化に関係する可能性もあり、知見を集めておくことは重要だ」

遺伝情報についてはよくわかりませんが、血液型についてはこれまでも言われていたので、何を今更という感じもします。新型コロナウイルスと血液型の論文の多くはO型が最も感染が少ないとか、重症化が少ないなど、O型のリスク低下の結果となっています。国によって血液型の比率は大きく異なりますので、どの血液型が最もリスクが高いかは報告により違いはあります。

研究班はその理由ははっきりしていない、と言っていますが、私は以前の記事「新型コロナウイルスと血栓症 その1」にも書いたように、フォンウィルブランド因子が大きな要因ではないかと思っています。O型の血液型は他の血液型に比べ、血液凝固因子の1つであるフォンウィルブランド因子の濃度が約30%低いと言われています。

新型コロナウイルスの重症化の多くは血栓症によるものだと考えられるので、このフォンウィルブランド因子が少ないO型のリスクが低下していると考えられます。新型コロナウイルスの感染者ではフォンウィルブランド因子が4倍にも増加すると言われています。フォンウィルブランド因子は血栓や血管炎にも関係していると考えられるので、この因子が30%低いO型の重症化を低下させているのも納得できます。

もちろん、血液型を変えるわけにはいきませんので、どうなるものでもありません。ちなみに私の血液型はO型です。

それよりも普段からの糖質制限で免疫力を維持し、炎症を起こさないようにする方が重要でしょう。

「Association Between ABO and Rh Blood Groups and SARS-CoV-2 Infection or Severe COVID-19 Illness : A Population-Based Cohort Study」

「ABO式血液型およびRh式血液型とSARS-CoV-2感染または重度のCOVID-19疾患との関連:人口ベースのコホート研究」(原文はここ

コメント

  1. 鈴木 武彦 より:

    私は日本人にはとても少ないABの血液型。ある血液型が多い、少ないがあるのも
    もしかしたら何らかの自然淘汰の結果なんですかね。

    • Dr.Shimizu より:

      鈴木 武彦さん、コメントありがとうございます。

      進化の過程でその地域において、恐らく何らかの要因でその血液型が生存に有利なことがあったのでしょうね。

  2. 鈴木 武彦 より:

    蛇足)ファスティング理論の山田豊文先生のご著書、期待して拝読も基本「玄米菜食主義」の
    ようで、私には期待外れの結果でした。